プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ふたたび

年一回の一大イベントを終え、久々の書き込みとなりました。

今朝の写真です。

矢印の先わかりますか。

ちゃっかりと座っています。


P5250001.jpg


小鹿です。

P5250004.jpg


くくり罠にかかったもよう。

ここには毎晩5頭くらいが現れ、草や木の芽、皮を食べつくします。(もちろん農作物も)

結果、見てのとおり、こんな大きな梅の木は枯れ、草は食べつくされ(食べない場所では、既に1mくらいになっている。)

大雨が降れば、土砂が流れ、土はえぐれ、小川のようになり大水が道路へ噴き出す。

さらに大水は一緒に小石も運び、道路(市道)は小石を敷き詰めたようになる。

で、誰が道路を片付けるの?   私です! 年に数回やります。 きついです。 

P5250010.jpg

必死にもがきますが、はずれません。

P5250016.jpg


まもなく、猟師がきて処理します。

こんな可愛い小鹿を・・・  と人は言いますが。 

村人にとっては猪と同様、悪魔の存在。

田舎から若者は消え、年寄りが丹精込めて育てた農作物は、鹿と猪の胃袋。

お年寄りから、野菜を育てる意欲まで奪ってしまった鹿や猪。

いったいこの村はどうなっていくのか。

これは、日本全国の問題。 そしてここはその最前線。











里山の収穫物 | 2016/05/25(水) 07:39 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。