プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
いきなり道を間違う

正月太り解消のため、久々にヤマノボリへ・・・・

どこか楽で手ごろな山は、と選んだのは林道で近くまで行ける葛城山、発端丈山

ついでに城山もいこうかなどとなめてかかる。

スタートも遅れ、登山口に着いた9時頃には、既に駐車スペースもない。

何とか、無理やり止め登り始める。

登山道は整備され、ところどころにある案内板が心を和ませてくれる。

P1100007.jpg


突然視界が開け、木々の間から富士山が顔を覗かせる。

P1100018.jpg


ここを登り切れば山頂だ。

P1100028.jpg


素晴らしい展望が目の前に・・・

でもなんかおかしい。 葛城山を目指していたのだが、ここは発端丈山。

途中、間違いに気づいたが、地図を取り出すのも面倒なので、えいや! でここまで来てしまった。

P1100029.jpg


富士山、南アルプスが一望できます。

P1100030.jpg


右から、荒川、赤石、聖、上河内岳ですかね。

昨年登った山々が雪をまといくっきり見えます。

P1100031.jpg


山頂で行き会った人から、「益山寺はいいから、寄ってきな」とアドバイスを受けちょっと寄り道。

樹齢約860年のケヤキと350〜400年のイチョウの木の奥に見えるのが本堂。

本尊の観音菩薩は、この寺を創建した空海の作と伝えられている。

  P1100041.jpg



目通り4.05m、 県下最大のカエデはどこか神々しさを感じる。

P1100050.jpg


樹高25m、目通り5.3m 威風堂々たるイチョウの木

ケヤキの古木を抑え込んでいるようにも見える。

P1100053.jpg


益山寺を後にし、分岐を下ると目的の葛城山への登り口が現れる。

ここを、ひたすら登っていく。 北斜面で日が当たらず寒いが、登り始めれば汗がでてくる。

P1100056.jpg


山頂です。 素晴らし景色にまたも感激!

P1100065.jpg


山頂はご覧のひとだかり。  皆さんロープウエイで一気に上がってきます。

場違いな雰囲気なのでさっさと移動します。

P1100066.jpg



ちなみに晴れていればここから、富士山より右側はこんな景色がみえるはずです。

あいにくガスがかかり、南アルプスははっきりわからなかったのですが。

P1100068.jpg



富士山より右側はこんな感じ。

P1100069.jpg


パワースポットでもある百体地蔵尊を拝みながら、人ごみを避け、もう一つのピークに向かいます。

P1100072.jpg


ここは恋人の聖地 そして今はやりの、鐘 ・・・  「幸せの鐘」とのこと。

恋人の聖地認定の証として設置されたようで、二人で鳴らしても一人で鳴らしても幸せが訪れるとか。

私には縁のない場所なので、さっさと通り過ぎる。

P1100073.jpg


景色は最高です!

P1100074.jpg


こんなものまでできてます。 「富士見のブランコ」 ですって。

富士山を見ながら、二人で ・・・・

P1100075.jpg


最後にもう一度じっくり富士山を堪能し、下山です。

P1100083.jpg


その前にお腹がすきました。

パラグライダーのデッキから

天城山を見ながら、鍋焼きうどん、寒い時の定番になりつつあります。

P1100099.jpg


お腹もいっぱい、景色に満たされ、感慨深く天城山を眺める。

この後、一気に駐車場まで下る。

ちょうど30分でした。

P1100123.jpg


どう歩いたか良くわからなかったんですが、帰ってきてログを見れば納得。ご覧のとおりです。

スタート、ゴールは右下です。

 
ルート


眺望も良く、適度にアップダウンもあり気楽に歩ける良いコースでお勧めです。

ロープウエイ山頂には、ちょっとまいりますが。









山登り | 2016/01/12(火) 23:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する