プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
南アルプス Part II

二日目の9月20日のルートです。

  聖平小屋→小聖岳→前聖岳⇔奥聖岳→兎岳→小兎岳→中盛丸山→百間洞山の家(泊) 

5時半、聖平小屋を出発。

ひんやりした空気の中、木道を進む。

P9200227.jpg


振り向けば、昨日登った南岳が大きくそびえる。

P9200248.jpg


高度を上げるにつれ、雲海が見えてくる。

P9200249.jpg


さらに高度を高度を上げると、富士山が視界に飛び込んできた。

感激の瞬間だ。

P9200254.jpg


私の前には、多くの人がいるが、後ろにはまばらだ。

P9200255.jpg


せっせせっせと登り、やっとのことで小聖岳(2,662m)に到着。

ここで、一休み。

正面には、聖岳がでんと構えている。

P9200256.jpg


しばらく平坦な稜線歩きとなる。

 「聖岳に挑むための心の準備をしろ」とでも言われているようだ。

山の大きさに圧倒されそうになる。

P9200261.jpg


聖岳にとりつこうとする直前、

朝日が聖岳を照らし出した。

P9200263.jpg


この痩せ尾根を通過すれば、聖岳本体への登りとなる。

P9200266.jpg


振り向けば、次から次へと人が登ってくる。

P9200267.jpg


巨大な山を一歩一歩登る。

P9200272.jpg


必死に喘ぎながら登り、小ピークにたどり着けば、新たなピークが目の前に聳える。

P9200271.jpg


上を見れば、人、人、人 ・・・  こんなにも人がいたんだと ・・・・ 驚く。

P9200278.jpg

おー  もうすぐ山頂!

よくぞ、登ってきたものだ。

P9200281.jpg


聖岳山頂(3,013m) 到着! 感無量!

多くの人でごった返す山頂。

P9200290.jpg


秋空に富士山と一人の女性

何か、絵になりませんか?

P9200299.jpg


富士山、いい眺めです。

P9200301.jpg


せっかくですので、奥聖岳にも寄っていきましょう。

振り向けは、聖岳 山頂。

P9200302.jpg


右前方のこんんもりした山が奥聖岳です。

平坦な稜線をのんびり向かいます。

P9200303.jpg


奥聖岳山頂です。

誰もいません。 静かな山頂です。 ここも景色は最高!

明日登る赤石岳、ガスがかかり迫力満点って感じ。

P9200310.jpg


再び聖岳に戻ります。

P9200327.jpg


こちらには、相変わらず、多くの人がいます。

P9200336.jpg


聖岳を後に、次の目的地兎岳に向かい下ります。

ここも同じく、どこまで一体下るの? って感じで下りが続きます。

一息入れ、振り返れば、登ってきたばかりの聖岳です。

P9200347.jpg


そしてこちらが兎岳(2,799m)。  ガスがかかり迫力満点。 きつそう!

まだまだ下ります。

うっすら紅葉も始まっています。

P9200352.jpg


やっとコルに到着、

ここから登り返します。

P9200356.jpg


ひたすら登ります、登ります。

そして振り返れば、ガスに包まれ幻想的な聖岳です。

P9200362.jpg


岩場も厳しくなるが、紅葉も一段ときれいになってきます。

P9200367.jpg


ついに兎岳山頂です。 ガスがかかりあまり景色はよくありません。

きつかった・・・・

P9200373.jpg


一息入れ、再び下り。

標高が下がるにつれ、一気にガスは晴れ暖かくなります。

緑のハイマツに覆われた小高い丘の手前で、今日初めての大休止。

アルファ米とレトルトのカレーで昼食です。

しっかりとエネルギー補給、いざ小兎岳へ・・・

P9200378.jpg


小兎岳(2,738m)山頂です。

山頂には、アイルランド人とオーストラリア人とうら若き女性の3人が休憩中。

こち先、何度か遭遇し、親しくなりました。

ちなみに3人は、光岳から甲斐駒ヶ岳まで、南アルプス完全縦走中とのこと。

テン泊で荷物もでっかいのに、私よりも早いし元気だ。(女性も)

恐れ入りますです。

P9200399.jpg


今下ってきた兎岳方面が明るくなってきました。

このように今日の天気はめまぐるしく変わっていきます。

P9200402.jpg


明日登る赤石岳と紅葉。  きれですね。

P9200417.jpg


こちらは、小兎岳中腹の紅葉。

ハイマツの緑の中に点々と赤や黄色が・・・

P9200422.jpg



再び下り、登り返せば、今日最後の山となる中盛丸山(2,807m)に到着です。

づっとガスの中でしたが、一瞬、赤石岳が顔を覗かせてくれたのには感激。

その瞬間を狙ってのパチリでした。

P9200432.jpg


今日のお山はすべて登り、後は山小屋に向かうだけです。

高度を下げるにつれ、空が青くなりました。

今日の見納め、赤石岳です。

P9200440.jpg

さらに、高度を下げれば、黄色く色付いたダケカンバの絨毯が目に入ります。

後は、このトンネルを下るだけです。

P9200444.jpg

視界が開けると、今日のお宿、百間洞 山の家 に到着です。

P9200456.jpg


百間洞山の家には、2時頃到着。

早く着いたおかげで、夕食のおいしいとんかつは5時40分からとのこと。

それまでは、外のデッキで持参のウイスキーをちびちび、

知り合った山男たちと情報交換や楽しいおしゃべり。

揚げたてでボリューム満点のとんかつをいただき、シュラフに潜り込む。

山小屋は大混雑、遅く来た人の夕食は午後8時。 土間に寝たという人も・・・

私も当然、早く着いたとはいえ、ぎゅうぎゅう詰め状態。

寝返りもできぬ程の中で、眠りについたのでした。


つづく・・・





南アルプス | 2015/09/26(土) 15:08 | Trackback:(0) | Comments:(2)
富士山も見えて、いい天気じゃありませんか。
ちょっといけませんのが大沢山カットしたのはいけませんね。
百間洞のとんかつ美味しかったでしょう。

私は笹薮漕ぎに喘いでいましたよ。
2015/09/28 月 12:26:53 | URL | M #-編集

ガスがかかってましたので、ズルしちゃいました。
揚げたてのとんかつ最高でした!おまけにカレーのようなものまでついて大満足。一度に8人づつ。遅く来た人は可哀想でした。


 
2015/09/29 火 06:03:36 | URL | #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する