プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ここは京都?

スピード感をもって仕事をせよ・・・  と誰かが言っていたのを思い出す。

4月8日(水)に放送されたNHKのクローズアップ現代。

ここは、タイの旅行サイトで紹介されていると言う絶景ポイント。

無性に行きたくなった。 ネットで調べるとこの週末が見ごろ。

梅雨のような天気が続くが、日曜日は晴れそう。 スピード感を持って行くしかない。

と言うわけで、行ってきました。

IMG_1700_20150413221938ba2.jpg


ちょっと寂しげな山門です。

IMG_1721.jpg


満開のさくら、振り向けば富士山が大きくそびえたつ。

IMG_1723.jpg


急な階段を上ると、広場の奥に富士浅間神社があります。

お参りをした後は、中腹に向かって一直線に伸びる397段の階段をひたすら登る。

IMG_1729.jpg

振り返れば、さくらの間から富士山が顔をのぞかせている。

IMG_1730.jpg


やっとの思いで階段を登りきると、

正面に高さ26mの戦没者慰霊塔である鮮やかな忠霊塔が目に飛び込んでくる。

IMG_1731_20150413222528f91.jpg


満開のさくらに囲まれ、どこからみても美しい。

IMG_1732_201504132225300c0.jpg


さくら越しにみる姿も、ひときわ美しい。

IMG_1733.jpg


絶景ポイントに行ってみましょう。

絶景ポイントは、ちょうど満開のさくらの裏側辺りです。

IMG_1735_20150413222533a0c.jpg


ここが、絶景ポイント。

外国人を魅了する最高の構図。

富士山、さくら、五重の塔と日本を代表する3つの景色のコラボ。

IMG_1739_2015041322253549a.jpg

IMG_1742_20150413223418c15.jpg


IMG_1744_20150413223420f37.jpg


絶景ポイントは人だかりです。

タイ人でしょか? アジア系の外国人も大勢いるようです。

でもどこかの国の人とは違い、静かにこの美しさを味わっています。

IMG_1746.jpg


欧米人もちらほらいます。

まさに国際的な観光スポットです。

IMG_1747_201504132234221c6.jpg


人ごみを通り越し、別の角度から・・・

IMG_1748.jpg


富士山と五重塔、光の関係で露出がうまく合わない。

富士山に合わせれば、五重の塔は真っ黒。(下の写真)

五重の塔に合わせれば、富士山は薄くなり、存在感が無くなってしまう。(上の写真)

悩むところだ。 それに反し、人間の目は実に優秀だ。

IMG_1751.jpg

五重の塔の山腹にも多くのさくらが植えてある。

どれもちょっと若いさくらだが、見ごたえ十分。

あと10年もすれば、山全体を覆い尽くすことだろう。

IMG_1759.jpg


さくらは、ソメイヨシノなのだろうか?

よくわからない。

IMG_1762.jpg


IMG_1765.jpg


見納めです。

IMG_1780_20150413224018117.jpg


境内を静かに去ります。

IMG_1782.jpg


最後に鳥居越しの富士山。

露出が合いませんね。

IMG_1817_201504132240580f6.jpg


今は、ネッでトあらゆる情報が手に入る。

さくらの満開情報も画像でも動画でもがすぐ見ることができる。

本物以上にきれいな満開の画像、それも雪景色から夜景まで。

でも、そこにいかなければわからないことも多い。

そして、それはネットでは伝えられない。

今回で言えば、

 どこまでも続く階段を上る辛さ、 そしてそれを登り切った達成感。

 出迎えてくれる満開のさくらを見た時の感動。
 
 風の冷たさ ・・・・

 出合った人のやさしさ ・・・

 反面、残念だったこともある。

   中央高速道路の車の音。 高速道路が真下をはしっているので、結構うるさい。

 さくらは、静かに見たいものだ。


 何はともあれ、

 私の「来年も行きたい絶景ポイント」に追加です。





 









旅&散策 | 2015/04/13(月) 23:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する