プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
前穂高岳・奥穂高岳


夜明けとともに、雲海の上にくっきりと乗鞍が現れる。

岳沢の朝は、素晴らしかった。

IMG_8100_20140805205133735.jpg


光を浴び右から、焼岳、乗鞍、霞沢岳 と姿を現す。

IMG_8000_201408052051326e7.jpg


後ろ側は、わずか10m程度先に雪渓が残り、ガスに包まれている。

IMG_8120.jpg


さあ、出発だ。

徐々に高度を上げていく。

IMG_8760.jpg


焼岳、乗鞍の位置が微妙に変わってくる。

IMG_8779.jpg


西穂高に続く急峻な岩肌がせまって来る。

IMG_8797_20140805205229d17.jpg


まもなく、紀美子平、そして前穂高岳の山頂だ。

IMG_8803.jpg


最後の急登をやりこし、やっと前穂高岳(3,090m)山頂にたどりつく。

そこには、絶景が待っていた。

うおー・・・ 感激!

IMG_8805.jpg


富士山、甲斐駒ケ岳、北岳等の南アルプスの山々が神秘的に浮かんで見える。

IMG_8807.jpg


反対側は、槍ヶ岳がメインだ。

昨年10月に行った時とは違い、まだ雪渓がいたる所に残っていて

青空、新緑、雪渓、そして岩肌が絶妙なコントラストを作り上げている。

IMG_8809.jpg


写真で見ると面白くないが、迫力満点の穂高岳だ。

IMG_8817.jpg


こちらは、昨年縦走した、槍ヶ岳から穂高岳のルートだ。

IMG_8839.jpg


北穂高岳への九十九折の登山ルートも見える。

IMG_8843.jpg


前穂高岳から分岐となる紀美子平まで、下り横へ横へと歩き、鎖場を超えれば奥穂高岳はもうすぐだ。

山頂は、多くの人で賑わう。

IMG_8885.jpg


山ガールも登ってくる。

IMG_8895.jpg


こちらは、奥穂高岳からジャンダルムを経由して西穂高岳に継る最難関の一般ルートだ。

IMG_8855.jpg


そしてこのルートを阻むのは、このジャンダルム(3,163m)。

厳しい、険しい岩の塊だ。

てっぺんに人がいるのが見えるかな?

IMG_8860_2014080520534844f.jpg


奥穂高岳(3,190m)に着くと、槍の姿も変わってくる。

さらに、ガスが槍を包み始め、神秘的な姿に変わろうとしている。

IMG_8872.jpg


昨年の縦走の時に、ずっと見続けてきた笠ヶ岳。

IMG_8877.jpg


ジャンダルムに向かう挑戦者。

IMG_8883.jpg


あっという間に、ガスに包まれる。

IMG_8897_20140805205853655.jpg


山頂は大賑わい。

IMG_8899.jpg


心惜しいが、山頂を後にし、もと来た道を戻る。

途中、紀美子平で一休み。

これから、前穂高に挑む人でごった返していた。

IMG_8901.jpg


一気に岩場を下ると、テント場の裏の山々は光を浴び輝き、雪渓は静かに佇んでいた。

IMG_8992_20140805205857531.jpg


午後には一時夕立があったが、すでにその時には、テント内でまったりと飲んでいた。

贅沢で豪華な時を過ごせた。

また行きたいものだ。











北アルプス | 2014/08/05(火) 22:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する