プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
アジサイ
今朝は、ちょっと余裕をもってカメラ持参のぐるっと自宅+裏山一周散策。

通常20分前後の散策を、40分かけまったりと・・・・

ちょっと早いですが、我が家のアジサイです。

ここ数年の一番のお気に入り。

その名も「未来」

IMG_3800.jpg


芽吹きから、変わっていて、黒い新芽なのです。

蕾も興味深々の色と形。

そして、期待通り見事なお花です。

IMG_3810.jpg


こちらは、この辺りに自生している額あじさい。

濃い青とのコントラストが見事。 美しく咲くには、もう少しの辛抱です。

自生しているだけあって、大きくなります。

IMG_3820.jpg


お気に入り NO.2 の清澄沢

なんともいえないピンクのふちどり。

IMG_3840.jpg


日本人好みの山アジサイ。

ちなみに先ほどの未来は、この清澄沢と西洋アジサイとの掛け合わせとか・・・

IMG_3850_20130605203907.jpg


どこにでもあるブルーの西洋アジサイ。

アジサイは、やっぱりブルーでなければ。

IMG_3859.jpg


丈夫で、いっぱい花をつけます。

IMG_3860_20130605204611.jpg


墨田の花火は、どこでも見られるようになりました。

最初は珍しく、挿し木で増やしあちこち植えたんですが

大きく成り過ぎ、困っているのが実情。

IMG_3865_20130605204611.jpg


道路脇にも植えてみました。

ところが、平らな道路から鹿が新芽を食べ、ごらんのとおり。

半分は、葉がなく芯だけ。 反対側は、崖なので鹿にも食べられず、花が咲いてます。

IMG_3867_20130605204610.jpg


これは、・・・・

思い出せない。

IMG_3870.jpg


純白の額アジサイ

気に入って挿し木で増やしたのですが・・・

名前がでてこない。

IMG_3872_20130605204610.jpg


こちらは、七段花

シーボルトの「日本植物誌」でも紹介された、「幻の花」

IMG_3874.jpg


1959年、神戸の六甲山に自生しているのが発見され、広まっている。

他に大きな株があるが、皆元気だ。

IMG_3875.jpg


柏葉あじさい。

今人気のあじさい。

IMG_3894.jpg


草むらの中で元気で育っています。

IMG_3896_20130605205945.jpg


これは・・・

紅かな?   これから徐々に色が変わるはずです。

IMG_3888.jpg


深紅に染まる時が待ち遠しい。

IMG_3899.jpg


白は飽きることなく、周囲を明るくしてくれる。

IMG_3903.jpg


毎年いっぱい花を付けてくれる白の西洋アジサイ。

IMG_3904.jpg


ピンクも一応あります。

IMG_3906.jpg


人気のアナベル。

緑の鞠のような蕾。 これから、徐々に白くなっていきます。

IMG_3909_20130605210418.jpg


これだけあると、満開の時には迫力もあり、注目される。

IMG_3950.jpg


アジサイは、挿し木で簡単に増やせるが、5年もすると巨大な株になる。

7月の剪定では、一株で一輪車いっぱいの枝がでる。

それが大変。


もう一つの問題。  それは鹿が新芽を好んで食べること。

以前は食べなかったが、今は餌が無いのか、しっかりと食べにくる。


困ったものだ。







自宅のお花 | 2013/06/05(水) 21:19 | Trackback:(0) | Comments:(2)
いろいろなアジサイを育てていらしゃってビックリです。
未来なんて、素敵な名前でかわいい花のアジサイ良いですね。はじめて見ます。
我が家にも、この中の5種類のアジサイを育てていますが、鉢植えなのでやはり花つきは悪いです。
綺麗な花を愛でたあとのお世話は大変なんですね(笑)
鹿の被害もあり、これまた大変ですね。
でも、綺麗な花が咲いてくれるので遣り甲斐もありますよね(^v^)
2013/06/05 水 23:48:56 | URL | 葉菜 #-編集

育てているというよりは、お気に入りがあると挿し木をし、鉢で育て、大きくなると裏山に植えるというパターンでこんなになりました。

紫陽花の花色が変わるように、私の好みも数年で変わってしまうため徐々に増えていきます。

紫陽花公園へ行くたび、欲しい品種が増えていきます。

困ったものです。


2013/06/10 月 20:01:24 | URL | Hamden #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する