プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
甲武信岳
土曜日は、久々に単独行で甲武信岳(2,475m)へ。

山頂からの眺めは素晴らしく、富士山が見えるとなぜかほっとする。

IMG_6488.jpg


日本百名山の一つでもある甲武信岳。

天気も良く、山頂は賑わっているかと思えば、わずか2人。

淋しいくらいだ。

その内、1組、2組 前の人はでかけ、やはり淋しい山頂だ。

IMG_6500.jpg

西沢渓谷から急登を上がってきたが、十文字峠、国師ヶ岳が他にルートがある。

IMG_6510_20111106222614.jpg



八ヶ岳がくっきりと見える。

IMG_6517.jpg


こちらは、国師ヶ岳、金峰山、その奥には南アルプスが見える。

IMG_6518.jpg


山頂から一段下がったところからは、これから行く、破風山、雁坂嶺が見える。

IMG_6538.jpg



景色を楽しみながら、慎重に下る。

IMG_6539.jpg


森の中に甲武信小屋がひっそりとたたずんでいる。

IMG_6552.jpg



振り返ると、今登った甲武信岳が木々の合間から顔を覗かせている。

IMG_6556.jpg


甲武信岳の登る前に、登った木賊山(2,468m)はパスしまき道を通る。

うわさどおり、しゃくなげが山全体を多い尽くしている。

IMG_6557.jpg


しばらく行くとそこは、登山道の両脇を苔が多い尽くしている。

IMG_6561.jpg


再び、しゃくなげの密生地を通り抜ける。

IMG_6565_20111106223908.jpg


こんなにしゃくなげの株があるのに、

今年咲いた形跡はごくわずか。 100本に1本も無い。

IMG_6582.jpg



そして来年咲く予定の蕾も稀にしかない。

甲武信岳と言えば、しゃくなげ

しかし、人を魅了するアズマシャクナゲの自生地は

反対側の十文字峠辺りのようだ。

来年、花咲く頃にそちらへ行ってみたいものだ。

IMG_6585.jpg



立ち枯れした木々の間からは、時折富士山が顔をだす。

IMG_6587.jpg


500m下った底には避難小屋がある。

ここから、正面の西破風山まで300m登り返さなくてはならない。

ため息が出る。

IMG_6590_20111107225643.jpg


やっとの思いで西破風山(2,317m) 山頂に到着。

木々に囲まれ視界は全く無し。

IMG_6612.jpg


ここからしばらくは富士山が見え隠れする稜線を歩く。

IMG_6613.jpg


北側には、浅間山(多分)が見える。

IMG_6618.jpg


心地よい稜線を歩くと最後の雁坂嶺(2,289m)に到着。

振り向けば、今朝真っ先に登った木賊山が見える。


後は、ひたすら道の駅まで3時間程度下るだけ。

IMG_6640.jpg


GPSロガーによるルートです。

niceview.jpg



約10時間半、 20.2km   合計上昇高度 1,986m

長ーい、散策でした。


西沢渓谷、道の駅「みとみ」から標高1,500m位までは

見事な紅葉。


紅葉へと 続く・・・・









山登り | 2011/11/07(月) 23:28 | Trackback:(0) | Comments:(2)

この富士山、素晴らしい!!!
2011/11/11 金 22:01:39 | URL | Kubota #-編集

雪をかぶると、もっと素晴らしくなる。
2011/11/13 日 22:40:43 | URL | Hamden #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する