プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
鹿島槍ヶ岳(後編)

サンテラスの窓越しに冷たい空気が流れ込む。

くしゃみがとまらない。

5時20分頃、皆につられ外に出てみる。

空がオレンジ色に輝いている。

IMG_5948_20110928222411.jpg


歓声が上がる。

浅間山の北側から真っ赤な太陽がゆっくりと上がってきた。

IMG_5966.jpg


外気は -2℃ テーブルには、昨日の雪が積もっている。

鹿島槍の山頂は -6℃とのこと。

IMG_5996.jpg


凍った真っ赤なナナカマド越しに鹿島槍のツインピークスがくっきり見える。

IMG_6001.jpg


布引山に向かう。

振り返ると、左手に昨日泊まった冷池山荘が見える。

Woo- あんな崖っぷちにあったんだ。

IMG_6003.jpg


雲が徐々に上がってくる。

IMG_6008_20110928222410.jpg



爺ヶ岳に向かう。 

突然、富士山が雲に浮かんで見える。

左側は、八ヶ岳。

IMG_6019.jpg


進行方向には、種池山荘、その彼方には立山が見える。

IMG_6022_20110928223237.jpg


さらに高度を上げ、爺ヶ岳(2,669m)に到着

まさに360度の景色に皆うっとり、至福の時を過ごしている。

IMG_6050_20110928223236.jpg



富士山、そして富士山を挟むように左に八ヶ岳

右には、南アルプス。 北岳がはっきりとわかる。

IMG_6023.jpg


もう少し右を見ると、槍、穂高が見える。

IMG_6025_20110928223236.jpg



振り返れば、昨日登った鹿島槍。

IMG_6026.jpg



進行方向には、鳴沢岳、針ノ木岳が見える。

IMG_6060.jpg


これから、種池山荘を越え、針ノ木岳方面へ向かう。

時間が無いので山荘から、1時間半で帰ってくることにする。

日影には、昨日の雪がまだ残っている。

IMG_6075.jpg


高度を上げるにつれ、鹿島槍、牛首尾根に隠れていた

五竜岳、白馬岳が見えてくる。

IMG_6099.jpg


歩くにつれ、剣岳が迫ってくる、威圧感たっぷり。

IMG_6079.jpg


その横には立山。 圧巻である。

IMG_6085.jpg


振り返ると、今日歩いたルートが見渡せる。

IMG_6106_20110928224324.jpg


立山と剣、何度見ても良い。

時間の関係で岩小屋沢岳のちょっと手前で引き返すこととなった。

IMG_6109_20110928225048.jpg



名残惜しいが、ゆっくり・まったりと引き返す。

IMG_6110.jpg



これが最後の見納め。

立山を、心ゆくまで楽しむ。

IMG_6111_20110928225047.jpg


今日のルートを振り返る。

徐々ではあるが、ガスが上がってきた。

IMG_6115.jpg


種池山荘に着く。

完璧に限りなく近い天気の中、

それぞれのひと時を楽しんでいるようだ。

IMG_6118.jpg


今回の歩行ルート。 

細い赤い線です。

kashi.jpg


あとは、扇沢まで下るだけ。

途中、ちょっとしたハプニング。

足を痛め、リハビリのごとくゆっくりの下山でした。

最後まで、気を抜いちゃダメです。



初雪、美女との遭遇、サンテラスでの就寝、最高の景色

忘れられない山行きとなりました。










山登り | 2011/09/28(水) 23:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する