プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
鹿島槍ヶ岳(前編)

この夏は、づっと天気が悪く、今回が久々の山登り。

天気は晴れのはず。


扇沢の爺ヶ岳登山口にちょうど深夜の0時に到着、気温は9℃。

4時50分起床、5時30分、柏原新道に入る。


快晴のはずなのに、ガスが駆け上がってくる。

もうすぐ種池山荘だ。

IMG_5846.jpg


爺ヶ岳(2,670m)への途中、

ほほえましい雷鳥のつがいに遭遇。

厳しい冬に備えまんまるだ。

IMG_5850_20110926201320.jpg



振り返ると、種池山荘がかすかに見える。

IMG_5854_20110926201319.jpg


爺ヶ岳南峰の直下。

ハイ松の緑と、それに付く樹氷で独特な世界を創り上げている。

IMG_5859.jpg


この樹氷、気温-5℃以下でできるようだ。 そんなに寒かったのか。

そしてこの樹氷、風が強いほど風上に成長する。

俗に「海老の尻尾(えびのしっぽ)」と呼ばれているようだ。

IMG_5862.jpg


ガスはどんどん舞い上がり、我々を飲み込みそうな気配だ。

IMG_5870.jpg


写真はあっという間に、爺ヶ岳、布引山(2,683m)を通過、

鹿島槍ヶ岳の麓に来ている。

IMG_5887.jpg



うっすら見える山が鹿島槍ヶ岳南峰(2,889m)だ。

IMG_5892.jpg


12:45 やっと山頂に到着。

残念ながら、霧で何も見えない。

IMG_5901.jpg



時間も早いため、北峰に向かうこととする。

足場の悪い急な坂を下る。

IMG_5919_20110926201411.jpg


寒さのせいか、

草についた「海老の尻尾」が味気ない岩場にまさに花を添えている。

もこもこと人工の花のような感じがする。

IMG_5923.jpg


過酷な気象条件で、これほどまで神秘的な世界ができる。

IMG_5924_20110926201447.jpg



一旦ぐっと下り、登り返して 13:15 北峰(2,842m)着

予想以上にかかってしまった。

IMG_5927_20110926201447.jpg


記念撮影など撮っていると、これって ひょう、あられ、それとも単なる雪?

やばい感じ・・・ 急いで帰らねば・・・

帰るには、あの急登の南峰を上り返さなくてはならない。

雪はいつしか本降りに

真横から頬に突き刺さるようにぶつかってくる。

ひたすら、下る。

冷池山荘の屋根が見えてくる頃には、雪もどこかへ。

泊まりの手続きに行くと、予約をして無い方は廊下とのこと。

そして、ここが我々4人に与えられたスペース。

幸運なことに廊下ではなく、「サンテラス」と言うようだ。

寒いが、夕日が入り、心地よい。

プライベートも保たれ、夕食までの一杯は楽しいひと時。

IMG_5988_20110926205513.jpg


後でわかったが、この日が初雪。富士山も初冠。



深夜、ふと目を覚ますと、窓越しに星が見える。

明日は、いいぞ・・・。





続く







山登り | 2011/09/26(月) 21:08 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する