プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ペリー提督のモニュメント

鎖国から日本を開国へと導いたペリー提督

そのペリー提督の像、いわゆるモニュメントがアメリカと日本にある。

まずは、本家本元

aIMG_6000.jpg


ペリーの生誕地、アメリカロードアイランド州、ニューポートの

トーロパークにあるモニュメントです。

aIMG_6806.jpg


ペリー提督が日本の下田へ行き、日米交流の原点を築いたことを祝う

黒船祭の一場面から。

aIMG_6807.jpg

やはり、これが一番かっこよくできてます。



ペリー提督は1854年3月31日、日米和親条約締結後すぐ下田に上陸。

ここが上陸地点である。

Perrypark1.jpg



モニュメントの左側には、日米交流150周年の時に(2004年)

ニューポート黒船祭の祝砲の種火から採取、はるばるこの下田の地まで運ばれた

「友好の火」がづっと消えることなく灯されている。

DSCF0623.jpg


右側には、下田と強い絆で結ばれている在日米海軍からいただいた

イカリが横たわっている。

Perry.jpg

上半身だけとは、ちょっと淋しい気もするが・・・。





ペリーはその後、函館の調査にでかける。

こちらは、台座もしっかりした全身像。

DSC05928.jpg



大変立派であるが、残念ながら鳩の糞で涙ぐんでいるようにもみえる。


DSC05930.jpg


遠く、祖国アメリカを見ているのだろうか。

DSC05931.jpg


坂の多い函館、高台の広場から海を見下ろすかのように建っている。

DSC05933.jpg


下田に来る途中小笠原に寄ったペリー艦隊。

そこにもペリーのモニュメントがあると聞いているが、

まだ、行ったことがない。


20数時間かけても見てみたいものだ。




未分類 | 2011/08/23(火) 21:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する