プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
岩岳山のアカヤシオ

順序が逆行するが、欲張りな私は大札山のアカヤシオの前に岩岳山、入手山のアカヤシロを見に行った。

ネット上の情報だと、この連休が見ごろ、込み具合もかなりのようだ。

人ごみの嫌いな私は、早朝5時15分出発。

IMG_3652.jpg



途中、前の2人に追いつき、花の状況などを教えてもらいながら一緒に歩く。

2人と別れてしばらくしばらく行くと神秘的な滝が・・・。

IMG_3655.jpg



今度は苔むす川にかかる朽ちかけたような丸太橋。

IMG_3667.jpg



崩落場所を慎重に渡る。

IMG_3670.jpg



アカヤシオ群生地の案内板がでている。 期待が膨らむ。

IMG_3697.jpg



日の当たらない寒々しい所に淡いピンクの斑点が目につく。

遠くにアカヤシロが数本、満開を迎えている。

IMG_3702.jpg



次を期待するが、なかなか見当たらない。

そうこうしていると岩嶽神社への分岐に到着、せっかくですからお参りします。

IMG_3704.jpg



こじんまりした神社で、岩岳利保大権現が祀られている。

登山の安全とアカヤシロとの出会いをお祈りする。


IMG_3711.jpg



神社を後に、岩岳山を目指す。

日当りの良い、東斜面をみると、淡いピンクのアカヤシロが咲いてるではないか。

IMG_3726.jpg


太陽をいっぱい浴び、鮮やかに輝いている。

IMG_3720.jpg



辺り一面をピンクに染めるアカヤシロ。

IMG_3728.jpg



アカヤシロが最も美しく見えるのは、花びらが逆光で透けてみえる時。

IMG_3735.jpg



日が当たる東斜面は咲いているが、反対側はまだ硬い蕾のままだ。

こちらが咲けば素晴らしい景色になるのだろうが、まだ一週間くらいはかかりそう。

ちょっと残念。

ちょうど3時間で山頂(1,369m)に到着。

誰もいないので恒例の山頂ジャンプの写真を撮る。

これって結構疲れるのでジャンプは2回だけとした。

IMG_3766.jpg



情報によると、ここより低い入手山(1,212m)付近が見ごろとのこと。

途中ですが、かなりまとまって咲いてます。 

見応え十分。感激! 


次から次へと現れてきます。

IMG_3773.jpg


IMG_3778.jpg


IMG_3785.jpg


IMG_3794.jpg


IMG_3788.jpg


IMG_3807.jpg


IMG_3821.jpg


IMG_3815.jpg



本日出合ったアカヤシロの中で一番の巨木。

迫力が違います。

IMG_3829.jpg


IMG_3832.jpg



太陽が幹全体を照らすにはもう少し時間がかかりそう。

早朝出発には、このような太陽の位置・角度の問題が往々にして発生します。

早けりゃ、良いってもんじゃありません。

IMG_3837.jpg



これを見納めに次に行きましょう。

IMG_3838.jpg



木々の間から次から次へと現れるアカヤシロ。

なかなか進めません。

IMG_3850.jpg



大札山のアカヤシロと比べ、

ここは厳しい環境のせいか曲がって威風堂々した古木が多い。

IMG_3855.jpg


IMG_3857.jpg


IMG_3860.jpg


IMG_3864_20110505213450.jpg


IMG_3872_20110505213450.jpg


IMG_3876.jpg


IMG_3877.jpg


IMG_3880.jpg



アカヤシロの群生地帯を抜け、キマタ山(1,208m)に到着。

ここからが、ちょっとむずかしいようですが、

逆から来た方に懇切丁寧に帰りのルートを教わります。

IMG_3882.jpg


何も迷わず完璧なルートでスタート地点に戻る

出発時、4台しかなかった駐車場はすでに満杯。

もし、逆コースで登っていたら、

この人たち全員に「おはようございます」って声かけてたんだ。

と思うとぞっとする。


ぐるっとまわってちょうど5時間半。

天気にも恵まれ、素晴らしいアカヤシロとの遭遇でした。













遠くのお花 | 2011/05/06(金) 00:01 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ん~~僕はこちら岩岳(嶽)山・入手山の方が好みかも(*^^)

そうそう、この「山ノ神」的な祠に覚えがありまーす!
僕も基本的に大の人混み嫌いなので、このコースだと
全く同じやり方するなと思いました~~(笑)

ところで、ここの水辺周りにも地域色の強いネコノメソウ属や
珍しいスミレなどが見られましたか?
ついつい気になってしまう性分でして。。(*^.^*)
2011/05/06 金 08:51:34 | URL | ピカリ☆ #-編集

スミレは何種類か見かけたのですが、いつまでたってもどれも皆同じに見えちゃって・・・。
まるっきり進歩してないです。

自生地の花を見るとものすごく感動し、無性に欲しくなるのです(多分病気)。一昨年はシロヤシオ、ウサギちゃんに食べられ、背丈わずか10cm足らず、でも若葉をだしてます。そして昨年はアカヤシオを植えたんですが、これも食べられ枯れたよう。 これって小さい割りに高いんです。

こんなんでなかなか思うようにいかない裏山です。


2011/05/07 土 22:28:08 | URL | Hamden #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する