プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
今年最後のお花

大晦日、冷たい強風が朝から吹き荒れている。

今年は、12月に入って霜が降りたのでは3日程度。

そんなんで、本来ならとっくに終わっているはずの花がいくつか咲いてます。



これは、度々登場してきたコスモス。

この一輪だけ完璧なまでにけなげに咲いてます。

IMG_0488.jpg



他の花は霜にやられごらんのとおり。

IMG_0491.jpg



強風にあおられ、耐え忍んで咲いてます。

IMG_0501.jpg


周りは冬景色なのに、一本だけ凛々しく咲いてます。

IMG_0502.jpg




こちらは磯菊。

他の花は、ほとんどが腐ったような茶色い色をしてるのですが、

中には、元気なものも。

IMG_0504.jpg




青空をバックに黄色が映えます。

まだ蕾も一つあります。

IMG_0507.jpg



そしてこちらは、キバナコスモス。

他は、霜にやられ全てダメになったのですが、

この一本だけは、ごらんのとおり生き延びてます。

IMG_0510_20101231163101.jpg



石垣の隙間から生え、石垣の暖かさゆえ、そして、

発芽が遅くまだ若いため寒さに強いのか、まだ花を咲かせてます。

IMG_0511.jpg




この一年をちょっと振り返ると、

今年の2月、裏山に猪、鹿除けの防護柵+ネットを約300m張り巡らしたのが

大きな転機となった気がする。

4月、堀りきれなかった竹の子がにょきにょきと空に向かい伸びていく。

裏山には、今まで気付かなかった山野草が元気に花を咲かせた。

9月には、これまでほとんで獣に横取りされていた栗が人間の手に。

昨年、切ったドングリの幹から1mほどの新芽が伸びていた。

里山が再生し始めたのだ。・・・・これが一番うれしかった。

(これまでは、鹿が新芽を食べ、一度木を切ると木は枯れるしかなかった。)

晩秋には、一昨年菌をうったほだ木にたくさんの椎茸。

これも100%人間の手に。

お正月用の椎茸もちゃんとほだ木についたまま残してある。

無農薬、無肥料の放任みかんもしっかりなっている。

これは、年がかわるとヒヨドリが毎日来て食べてしまう。


鹿に食べられなくなったので、いろいろ植えた。

まずは、木々を

シロヤシオ、ミツバツツジ、ニシキギ、ロウバイ、ウメモドキ ・・・・。

花より、実物が良いと・・ スモモ、ポンカン、ハルミ、ブルーベリー・・・。

山野草は、 ヤマシャクヤク、レンゲショウマ、イワカガミ・・・。


これらが育つ、5年後、10年後はどうなることやら。


そんなことのメモ程度の HP & Blog でしたが

訪問してくださった方、コメントをくださった方、本当にありがとうございました。

良い年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。





自宅のお花 | 2010/12/31(金) 17:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する