プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
天狗山荘から唐松岳
朝5時12分、雲の中から太陽が顔を出してきた。
IMG_5902.jpg



見る見るうちに太陽が昇ってきたが・・・  何ですかねこれは、
IMG_5906.jpg



まあいいか。  ちょっと他にはない幻想的な日の出でした。
IMG_5913.jpg



5時20分、天狗山荘発。
太陽は辺りを一気に明るくし、雲ひとつ無い快晴のはずだったのだが・・・・。
IMG_5921.jpg



あっという間に雲が広がりだした。
IMG_5924.jpg


朝露に濡れたコマクサが美しい。
IMG_5927_20100818225200.jpg



既に進行方向には霧がたちこめてきた。
IMG_5932.jpg



天狗の頭(2,812m)
IMG_5934.jpg



この先が300mも一気に下る天狗の大下り。 一眼レフはザックにしまい、気合を入れる。
IMG_5946.jpg


霧につつまれ幻想的な世界。 奈落の底へ一直線って感じ。
IMG_5948.jpg


進む方向もわからければ、もちろんどこが不帰の嶮かもわからない。
IMG_5950.jpg


一瞬、雲が消え去った。
IMG_5952.jpg


霧の中からにょっきっと現れた。
IMG_5954.jpg


クサリ場が現れる。  これが好きなのだ。
IMG_5956.jpg



IMG_5958.jpg



突然、霧の中から美女が2人現れた。 幻覚か?
それも、2人ともすごい美人。  さらにコースは恐怖の逆コース。
IMG_5960.jpg


霧で見えないせいか、さほど恐さは感じない。
逆に楽しんでいる自分がわかる。
IMG_5962.jpg


クサリを頼りにゆっくり渡ろう。  
IMG_5964.jpg



渡り終わると、ちょうど目の高さにミヤマダイモンジウが。
IMG_5965.jpg



こんな所に案内板が
IMG_5968.jpg



記念撮影している方も。 ただ今の時間7時55分。 これで本日の遭遇者は、5組目です。
IMG_5970.jpg


さらにクサリ場は続く。
IMG_5972.jpg


ついに危険地帯は終了。  ここは二峰の北峰。
IMG_5974.jpg



振り返ると険しい岩肌が見える。
IMG_5976.jpg


唐松岳にむかってはゆるやかな稜線が続く。
IMG_5978.jpg


チングルマが美しい。
IMG_5997.jpg


群生のチングルマも朝露に濡れて風になびく姿は何とも言えない。
IMG_5998.jpg



あれっ? 三峰は?

いつの間にか、唐松岳(2,696m)山頂に到着です。 8時53分
IMG_5999.jpg



何も見えない。 帰るしかないか。  

そんなら、早く帰ろう!




つづく。








白馬岳から唐松岳 | 2010/08/18(水) 22:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。