プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
日本ミツバチ
 一夜にしてミツバチが原因不明に大量に失踪する現象、すなわち蜂群崩壊症候群が一昨年頃から世界を騒がせています。
 その影響かこの辺りでも日本ミツバチが減ってきたようだ。
 我が家の日本ミツバチは、4月末に手作りの巣箱に入居、毎日せっせと蜜や花粉を運んでいる。
DSCN1530.jpg

 こちらが、その手作り巣箱。結構気に入ってくれているようだ。
DSCN1800_20090924211300.jpg

 そろそろ、家賃を頂かねばと、ハチミツを少し頂くことに。

 先ずは、天板をトントンとたたき、ハチを下方へ移動させます。そして天板の隙間に針金を入れ、天板にくっついている巣を切り離します。天板をはずすとごらんのとおり。 規則正しい、美しいまっ黄色の巣が現れます。さらに、まだハチがいますのでもうしばらくトントンと・・・・
 DSCN1545.jpg


今度は、上から1段目と2段目の間に針金を入れ、ぐっと切り取ります。開けます。
緊張の一瞬です。今年のハチミツの貯蔵具合がわかります。

DSCN1551_20090924212039.jpg


頂くのは、1段だけ、残りは冬越えのためのえさとなります。これが不足するとハチさんたちは冬に餓死してしまいます。
この箱だけ持ち帰ります。
DSCN1549.jpg


家に戻り ナイフで少しずつ切り取りビニール袋へ入れます。蓋がしてあるのが糖度の高い貯蔵用・冬の食料となるハチミツ、それを家賃としていただきます。
ときどき、ペロっとなめると、ほんのり花の香り漂うやさしい感じの甘さ。
DSCN1569.jpg

ビニール袋を吊るし、ハチミツが自然に融け、滴り落ちるのをひたすら待ちます。落ちた蜜を濾すとおいしい蜂蜜のできあがり。
DSCN1900.jpg


日本ミツバチの蜜は、大変貴重で高価なもの。1年に1回しか採れないからいろんな花の蜜が濃縮されいる。自然環境に大きく左右されるので、毎年色も味も違う。まさに自然の賜物。

ハチに刺されないの? とよく聞かれますが日本ミツバチが刺すことは、滅多にありません。この作業中でも半そでのTシャツと軍手、そういえば帽子もかぶらずの作業でした。

働く姿を見ているだけでも楽しくなる日本ミツバチ、
秋には香り豊かなハチミツのおすそわけもあります。

あなたのペットにいかがですか?









里山の収穫物 | 2009/09/25(金) 06:16 | Trackback:(0) | Comments:(1)
日本ミツバチ・・今では本当に貴重なミツバチさんになってしまったようですね。。
ピカリ♪もピカリ☆も突然姿を消す現象を聞いていたのでどうしてなのかなぁ?と心配していました。
でも・・いるのですね(*^.^*)
美味しい家賃・・・いいですね!ほんのりと甘い香りが届くようです。
鳳凰三山のスライドを拝見しました。
ピカリ隊は地蔵岳であえなく戻ることになったのですが・・
出来たら同じように周回したかったなぁ~と思います。
いつかリベンジの山歩きが出来たらいいな♪
2009/09/26 土 12:00:10 | URL | ピカリ♪ #TiG4rlbU編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する