プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
クマガイソウ

昨年始めて「クマガイソウ」という花を知った。

近所のお寺の境内に、傘のようなユニークな葉があった。
名前を聞くと「クマガイソウ」だった。 昨年は、残念ながら花を見ることはできなかった。

そして、裏山で偶然にもあの奇妙な葉を見つけた。こんなところで自生していたのだ。

お年寄り曰く
「そういえば最近見ないな・・」
「昔はこの辺にゃ、いくらでもあった。ブームの時みんな掘られ、今は鹿が食べてなくなったよ。」

と言う事で、「クマガイソウ」探索・・・・ 
見つけちゃいました。 それもかなりたくさん。  全て自生です。
DSCN4727.jpg


葉もユニークだが、花はもっと変わっている。
DSCN4728.jpg


全体はこんな感じで明るい竹やぶの中で咲いていた。
DSCN4729.jpg


こちらは、500mくらい離れた別の場所。
薄暗い竹と雑木が同居しているような北斜面で咲いている。
DSCN4750.jpg


日本の野生ランの中では一番大きい花を咲かせるという。
まさにその通り、大きな花だ。 小さな株では、花は咲かせないようだ。
DSCN4760.jpg


薄暗いせいなのか、色は、白さを増す。
DSCN4780.jpg


ここはまた別の場所。 
30株くらいで群生しているが、花はまだ。蕾をつけているのは2株しかない。
DSCN4800.jpg



3月末、各地で雪が降り、翌朝寒さでいろいろな植物が凍りついた。
我が家では、シラン、フリージア、しゃくやくの蕾などがやられた。
「クマガイソウ」の蕾も半分はやられ「くにゃ」ってなっていた。


ほぼ無くなってしまったと思われていた「クマガイソウ」
今回の発見で、植物の「生命力」そして「したたかさ」に
つい、うれしくなった。


来春、
裏山の「クマガイソウ」が花を咲かせてくれればもっとうれしいのだが。









近所のお花 | 2010/04/10(土) 20:14 | Trackback:(0) | Comments:(2)

自生のクマガイソウがあるなんて、すごい事ですよ。
2年前、このお花見たさに山に登ったら、すべてお花は鹿に食べられていました。
がっかりして帰った思い出がありますよ。
大事に増やしたいお花ですね。
2010/04/28 水 20:07:16 | URL | コリン #cqJRDh/U編集

写真は近くですが3箇所で撮ったものです。
一週間後、その後を見に行ったのでが、2箇所は茎までも鹿に食べられまったくありませんでした。残っていたのは無数の鹿の足跡と糞。
正直、がっかりしました。
裏山のは、防護柵で囲ってありますのでとりあえず。安心です。来年の開花を楽しみにしてます。
2010/04/28 水 22:25:11 | URL | Hamden #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。