FC2ブログ
プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
裏山の花々


日曜日、カメラを持って裏山散策。

ピンクの馬酔木です。 平地ではもう満開です。

IMG_4180.jpg


鮮やかなピンクがなんとも言えない。

IMG_4185.jpg


採り忘れたポンカンと水仙

IMG_4179_2018022821301322d.jpg


ふきのとうもちらほら顔を出してます。

IMG_4221_201802282130142d2.jpg


陽だまりでは、オオイヌノフグリも咲いてます。

IMG_4231.jpg


よく見れば、タチツボスミレ

IMG_4230_201802282130534c9.jpg


黄色が鮮やかなタンポポ

IMG_4204.jpg


ホトケノザもいたるところで咲きだした。

IMG_4192.jpg

春ですね・・・・






自宅のお花 | 2018/02/28(水) 21:38 | Trackback:(0) | Comments:(0)
裏山の梅が満開!
隣り町では、河津ざくらに「見ごろ宣言」をだしたが、我が家の裏山は梅がピークだ。

裏山に上がるとすぐ、南高梅が出迎えてくれる。

IMG_4000_201802271449161b7.jpg


通り過ぎて、振り向けば数本の梅。

白い梅に混ざり、赤い斑点が点在するが、それはこれから咲く豊後梅だ。

IMG_4008.jpg


数段上ると、景色が変わる。 遠くの山が見えてくる。

IMG_4100_20180227144917c90.jpg


IMG_4214.jpg


IMG_4215_20180227144949f19.jpg


IMG_4225.jpg


真南にそびえる山並み。 このおかげで日当たりが良くない。

IMG_4226_20180227144953232.jpg


こちらは、庭の梅。

黄色のロウバイ、赤の寒紅梅 そして 白のしだれ梅が

見事な調和を醸し出している。

IMG_4248_20180227144953e43.jpg


このしだれ梅の満開と河津ざくらの満開がちょうど重なる。

河津は、超満員の人で、歩くこともままならない。 

しばらくは近寄らない方が良さそうだ。





自宅のお花 | 2018/02/27(火) 15:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
福寿草

寒い日が続くが、それでも季節はやってくる。

庭の福寿草がいつの間にか咲いている。

IMG_4105_201802121151008b7.jpg


太陽の日差しをしっかりと受け止め、おもいっきり広げている。

IMG_4107_20180212115059d0e.jpg


日が当たらないと、開かないので、仕事のある日は見ることができない。

久々に日が当たるお休みの日、ふと見れば咲いているではないか。

IMG_4112.jpg


ほとんど放任状態だが、けなげにも毎年花を咲かせてくれる。

IMG_4117_201802121151036ec.jpg


黄色のロウバイ、寒紅梅、福寿草、そして白のしだれ梅と我が家では、春に向けて花のリレーが続く。





自宅のお花 | 2018/02/12(月) 11:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
天城 八丁池

1月28日(日)

快晴の天気予報を期待して、八丁池に向かった。

国道沿いの駐車場、水生地下の雪だるまに挨拶し登り始める。

天気も良さそうなので、上り御幸歩道から八丁池を経由して下り御幸歩道を下りる周回コースです。

D001.jpg


新天城トンネルの脇から急登を登り旧天城トンネルを目指す。

こんなに雪があるなんて、ちょっとあまかった。

DSC02906.jpg


旧天城トンネルに到着。

一面真っ白な銀世界。

今回も前回の雪の時も伊豆南部は雪は降らず雨だったが、ここは別世界。

わずか30分で河津さくら咲く南国から、雪とつららの冬国に突入する。

DSC02910.jpg


この大きさ、太さ、長さのつららを見るのは久しぶりだ。

迫力満点!  トンネルが凍り付いている。

DSC02911.jpg


落ちてきたらどうしよう!

このつららで、ロック・・・・  うまいだろうな・・・

DSC02921.jpg


再び急登を超え向峠を越えるとなだらかな気持ち良い斜面が続く。

が・・・  晴れの天気予報だだったが、いきなりどんよりとした空に、そしてみぞれ交じりの雪に変わってしまった。

DSC02937.jpg


幸い、雪は止んだが、標高を上げるにつれ寒くなる。

木々も凍り付いている。

DSC02975.jpg


展望台は雪の中。

P1280130.jpg


ガスで何も見えない展望台から、八丁池にくだる。

DSC02959.jpg


雪は深く、ガスは益々濃くなっていく。

P1280151.jpg


八丁池に着く。

コチコチに凍った池に雪が降り積もり、池の上かどいうかもわからない。

4人の人影が池の中に吸い込まれていく。

戻って来た様子は、無いのですが・・・・(恐怖)

P1280158.jpg


池の周辺の柵。

P1280166.jpg



カチカチに凍った八丁池。

びくともしない。 完ぺきな状態。

P1280179.jpg


2人の足跡。  

私はアイゼン。 せっかく持っていったのですからはかなきゃ損と思いずっとつけてました。

無くても大丈夫ですが、付けてた方が絶対安心。

P1280182.jpg


最短の下り御幸歩道を下る。

こちらの方が雪が多い。

ふっくらとしたした雪が谷間を埋める。

P1280185.jpg


神秘的な世界が広がる。

P1280189.jpg


林道に到着。 突然、光が差し込む。

普段は、この先に車を停めるが、ここまでの林道も雪がいっぱい。

P1280198.jpg


無事、帰ってきました。

国道沿いの水生地下駐車場です。


P200.jpg


今年初の山登り。 しかも昨年9月末の五竜・唐松以来。

残念ながらガスで景色は楽しめませんでしたが、雪に包まれた静寂・神秘の八丁池を味わってきました。

久々のリフレッシュ、気分爽快!







山登り | 2018/02/03(土) 12:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)