プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
まったり裏山散策

今朝は、望遠レンズを持ってまったりと裏山散策。

もともと自生していたヤマツツジ。

鮮やかな朱色だが、どこか素朴だ。

IMG_1751_2017043020024712c.jpg


やっと咲き始めたところ。

これまで、無造作に草刈の時に間違えて刈ってしまったが、

ここ数年、気をつけているので徐々に花数が増えてきた。

IMG_1752_20170430200249b53.jpg


シランもどんどん増え、蘭のごとききれいな紫の花を咲かせている。

IMG_1778.jpg


白花もあるが、ちょっと元気がない。

IMG_1788.jpg


アマドコロは一気に伸び、ちょうちんのような花をつける。

IMG_1789.jpg


あっという間に群生する。

IMG_1790_20170430200843973.jpg


こちらは、斑入りではない、奥ゆかしいタイプ。

IMG_1791_20170430200844fce.jpg


シロヤマブキは今が、旬。

IMG_1792_2017043020084685e.jpg


木全体が純白の花で覆われる。

IMG_1794.jpg


こちらは、ピークを過ぎたトキワマンサク。

IMG_1812_20170430200850f61.jpg


ハルジオン(多分)もこうしてみると、なかなかのもの。

IMG_1816_20170430201209f38.jpg


いたる所で咲いている。

IMG_1820_2017043020121073b.jpg


雑木林に入ると、ホウチャクソウの群生が見られる。

IMG_1830_20170430201212582.jpg


そして、地エビネ。

IMG_1874.jpg


地エビネにもいろいろあるのだろう。

良く見ると、多少の違いはあるようだが、あまりきにしない。

IMG_1880.jpg


アップで撮ると、何だかわからなくなってくる。

IMG_1892_20170430201901c95.jpg


竹林の中で、こんな状態で密集して咲いている。

IMG_1893.jpg


ユキモチソウは寿命が長い、2週間以上もこの状態のまま。

何とも言えない奇妙な姿に、つい見とれてしまう。

IMG_1894_20170430201903aa5.jpg


ここに来る人は、ユキモチソウを見るのは皆始めて。

おいしそうな雪のような純白のお餅にうっとりしている

やはり、「花より団子」なのだ。

IMG_1896_201704302019073ea.jpg


逆光で透かして見える花と葉っぱ。

このシースルーがたまらない。

IMG_1907_20170430201907a9c.jpg


今年のクマガイソウは、見事でした。

数も増え、だんだんと迫力を増してきます。

でも、あと一週間はもたないはかない命。

IMG_1909.jpg


朝露に光り輝かく葉っぱ。

何かわかります?

IMG_1959_20170430201944b37.jpg


そう、タケノコです。

IMG_1960.jpg


巷では今年はタケノコは不作、裏年で無いなどといってますが

我が家はこのとおり。

猪除けのワイヤメッシュでしっかり守られてますので、

あっと言う間にこんなに大きくなっちゃいました。

竹藪は、日が当たらないので、出るのが遅く、

周辺は、日当たりも良く元畑で栄養分いっぱいで、ぐんぐん伸びます。

IMG_1961.jpg

時間を気にせず、まったりと写真を撮っていると

私を呼ぶ人の声が・・・・

近所のおばさんが、クマガイソウを見に来たよ・・・・

とそのまた近所のおばさんを連れてきた。

クマガイソウファンの穴場になりそうだ。



食べ飽きて困ったタケノコ、

夕方鉈をもって、ばっさりやってきました。





自宅のお花 | 2017/04/30(日) 20:41 | Trackback:(0) | Comments:(2)
シロバナハンショウズル

この植物、幕末にアメリカのペリー艦隊が来た時

下田でいろいろな植物を採集、アメリカへ持ち帰った。

その中の一つで、その後、標本を調べたハーバード大学の教授が、新種として発表したものです。

ペリー艦隊が上陸した地点を探し回り、

4年前にやっと見つけ、挿し木にし、何とか現在2本が元気に育っている。

IMG_1825_20170430193050d26.jpg


うっすらした黄色、レモンイエローが何とも上品だ。

IMG_1826_20170430193053442.jpg


これから、順に咲き誇るだろう。

IMG_1829.jpg



IMG_1832_20170430193055af5.jpg


昨年は4つしか咲かなかったのだが、今年は、いっぱい蕾をつけている。

IMG_1855.jpg


梅ノ木に絡ませてみた。

ちょうど頭の真上で咲くよう、写真が撮りやすいようこの木を選んだ。

IMG_1860_20170430193131eec.jpg


163年の時を経ても、命は繫がっている。





未分類 | 2017/04/29(土) 22:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)
オトコヨウゾメ

けっして目立つわけではないが、どこか奥床しさが感じられるオトコヨウゾメ。

今、満開。

IMG_1483.jpg


この辺りに自生しているガマズミの仲間。

秋には赤い実がなるはずだが、まだ若すぎるのか、まだ一つもなっていない。

IMG_1484_2017042421515238d.jpg


半日陰を好み、日当たりが強い場所では育ちが悪いとのことだが、

我が家のこれは、日向で良く育っている。

IMG_1485_20170424215154ae7.jpg


余り大きくならず、里山の風景にぴったりマッチする。

おすすめの一本。





自宅のお花 | 2017/04/23(日) 21:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)
クマガイソウ

一昨日の大雨と強風でちょっと痛んでしまったが、

裏山のクマガイソウが見ごろを迎えている。

IMG_1449_2017042022414474c.jpg


昨日の夕方、西日がもろにあたっている。

IMG_1453_20170420224146229.jpg


IMG_1456_201704202241492ae.jpg


ここだけで13ヶの花が数えられる。

IMG_1460_201704202241501ca.jpg


こちらは、今朝の7時過ぎ。

朝日が後ろからあたってくる。

IMG_1503_201704202244315b7.jpg


太陽の光をバックに、

逆光の中で透き通って浮かび上がるクマガイソウが見事だ。

IMG_1507_20170420224434579.jpg


IMG_1508.jpg


ここにも50ヶ弱の花が咲いている。

IMG_1595_201704202244377a2.jpg


今年は、多分150ヶ位がただ今開花中。

これを見る人は、10人もいないか・・・・

贅沢な空間をまさに独り占め。


ヤマシャクが咲くようになったら、皆さんに公開したい。

あと数年かかりそうだが。

乞うご期待。














自宅のお花 | 2017/04/20(木) 22:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)
シロヤマブキ

シロヤマブキが咲き始めた。

純白の花がお気に入りだ。

IMG_1431_2017041919373305e.jpg



黄色のヤマブキとは全くの別種。立ち姿が似ているのでシロヤマブキと名付けられたようだ。

IMG_1428.jpg


しかも環境省レッドリストの絶滅危惧IB類(EN)に指定されているようだ。

と言うことで自生は限られたわずかな地域だけのようだが

園芸種としては、普通に栽培されている。

IMG_1429_20170419193737ae2.jpg


これは、実生から育ったシロヤマブキ。

忘れた頃発芽、3年目位から毎年花をつけるようになった。

毎年恒例のお楽しみの花だ。






自宅のお花 | 2017/04/19(水) 20:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ