プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
みかんを食べたのは誰?

年をとったばあさんが歩きやすいようにと

椎茸のところまでの道をモルタルで固めた。

せっかくできたところが、何か汚いものが・・・

IMG_7450.jpg


大量のみかんの食べかす・・・

IMG_7453.jpg


真上に温州ミカンがたわわに実っていた。

わずか、一週間の間に、すべてたいらげてしまった。 

残っているのは、このかすだけ。

IMG_7456.jpg

そして、このみかんのかすは、椎茸のほだ木の横にも。

IMG_7463.jpg


みかんのかすのおかげで滑りやすくなってしまった。

ちなみに、このほだ木は栗の木。

太すぎて運べないのも数本ある。

分厚い椎茸がでますよ。

IMG_7465_20160131193408f68.jpg


犯人は、ひよどり。 甲高い声をあげながら、おいしそうにみかんを食べる。

カラスも食べる。

カラスは、みかんを別の所に運んでから食べる。

なんで、こんな所にみかんのかすがあるのか不思議に思うとカラスの仕業だ。

例えば、電信柱の真下。

電線に止まり、ゆっくり食べるようだ。

まっ、 いいか。 どうせ取れないんだし・・・・・











里山の収穫物 | 2016/01/31(日) 19:49 | Trackback:(0) | Comments:(1)
ミツマタ

ここ一週間くらいは猛烈に寒かったが、やはり例年より暖かい。

ミツマタがちらりほらりと咲き出した。

IMG_7300_20160129212535b86.jpg


この小さな黄色い花がかたまって咲き誇ると

ぐっと見栄えがでてくる。

IMG_7396.jpg


花だけでなく、蕾も見ごたえがある。

ふわっとした感じで太陽の光を浴び輝いて見える。

IMG_7397_201601292125385db.jpg


これは園芸種なので蕾も花もジャンボサイズ。

花期も長く、日々花数がふえていくのをこれからずっと楽しみにしている。

IMG_7398.jpg


全体を写すと何だかわからないが

満開の頃には、ボリュームたっぷり、お椀型の樹形に花をつける。

IMG_7500_201601292125411c3.jpg


裏山には、もともと自生していたミツマタが数本ある。

まだ、蕾は固く春の訪れをじっと待っている。






自宅のお花 | 2016/01/29(金) 21:34 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ロウバイと梅

庭のロウバイが満開を迎えている。

IMG_7365.jpg

そのすぐ後ろには、紅梅が咲き始めている。

IMG_7378_20160125211118b53.jpg


例年この時期、ロウバイと紅梅の見事なコントラストが人目を惹く。

IMG_7382.jpg


冬の寒々した風景の中で、この鮮やかな黄色が際立つ。

IMG_7386.jpg


こんな感じで、咲いてます。

IMG_7390_20160125211122502.jpg



そして、このすぐ下では、福寿草が出番を待ちわびている。

すでに、蕾が黄色くなり、咲く寸前。

IMG_7372.jpg


ところが、この寒波でどうなることやら・・・・








自宅のお花 | 2016/01/25(月) 21:20 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Mt.Sugo

Mt. Sugo こと 下田市最高点のお山、「須郷山」

最近、静岡県の森林整備事業で、林道ができたような話を聞いたので

久々に行って見ることにした。

峠まで、真新しい林道ができているのかと思えば大間違い。

基本は林道を歩くことにしてましたので、かなり大回りになりました。

今回のルートです。

ルート


スタート地点です。 我が家から約3.5km

今日は、日曜日で作業が無いようで助かりました。

IMG_7248.jpg



整備された気持ちよい杉林の中を歩く。

IMG_7253.jpg



途中、山葵田と並行して歩きます。

IMG_7263.jpg



できたばかりの林道、土の匂いがします。

写真でみるより、結構急です。

IMG_7274_201601171837368ed.jpg


間伐材でつくった土留め。 芸術です。

IMG_7279_201601171842050f8.jpg


気付かなかったんですが、その上に道がありました。

IMG_7283.jpg


真っ青な青空、気持ちいい・・・・

さらに高度をあげる。 標高500mを超えました。  振り向けば、海が見えます。

IMG_7288.jpg


ルートマップの②地点を過ぎると、緩やかな下りがしばらく続く。 

嫌な予感。 ユンボと岩を砕くハンマーのようなものが先に着いた小型のユンボ(?)

林道を作るための重機があるってことは。 

IMG_7292_20160117184209f73.jpg



予感的中、残念ながら林道はここで終わり。 ルートマップの①です。

IMG_7297_20160117184211160.jpg


仕方ないので、ルートマップの②まで登り須郷山に向かって稜線を登る。

左側は手入れをしてない檜の山。 しばらくは、こんな整備のされた尾根。 そして・・・・

IMG_7302.jpg



いつの間にか、尾根は荒れ果て、急登へと変身する。

IMG_7305.jpg


そうこうしている内に稜線にでました。  

そしてそのすぐ先は下田市最高地点「須郷山」694m  この標識、いいですね・・・

IMG_7311.jpg


急な下りを降りれば、 何と・・・・

ルートマップの④ 

こんな道もできてる。 一体どこへいくんだろう?  この先に広〜い 土場があります。

IMG_7316.jpg



おまけにこんな道まで。 来るときには、分岐が無かったのでどこへ続くのか、疑問だ。

時間はたっぷりある。 ダメなら引き返せばいいんだ。 と下り始める。

IMG_7320_20160117185305abc.jpg


長い長い杉林の中、曲がりくねった林道の中を下る。

IMG_7321.jpg


美しい、森ですね。 手入れが行き届くとこんなにきれいになるんだ。

IMG_7325_20160117190339736.jpg



でも残念、林道はここで終わり(ルートマップの⑤)

この先を下らなければならない。 

水の無い沢にでた。 ここを下ったらまずい。 

稜線にでなくちゃ。 とまた、尾根を目指して、道なき道を這いつくばって登る。

幸い、朝通った尾根にでた。

もしここで、沢伝いに降りていたら、朝の林道にはぶつからず、延々と藪こぎをすることになっただろう。

IMG_7328.jpg


再び、林道をゆっくり下り、スタート地点に無事戻りました。

沿面距離 約6km 累積標高613m 約3時間の散策でした。

林道工事は今も続いているので、ルートマップの①と⑤は近い内につながることだろう。

そしたら、また行ってみよう。









山登り | 2016/01/17(日) 19:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)
どんど焼き
高齢化が進み、消滅集落にまっしぐらのこの地域。

昨年まで続いていたどんど焼きも出来なくなってしまった。

しかたないので、プライベートのミニおんべを作り、

ささやかに家族だけでどんど焼きを執り行った。

高さ、約2.5m、 作成時間 30分

IMG_7173.jpg

日が暮れるのを待って、火をつける。

乾燥しているので、勢いよく燃えていく。

IMG_7176.jpg

こんなちっちゃなどんど焼きでも、生の青竹を入れてあるので

はでる時の迫力は半端じゃない。 銃声より大きい。

これが無くては面白くない。

鹿や猪もびっくりして近づいてこないだろう。

IMG_7188_20160116224050290.jpg


火が消え、おきりになったら団子を焼く。

この団子を食べると、一年間風邪をひかないと言い伝えられている。

IMG_7223_20160116224051caf.jpg



火は穢れを浄め、新しい命を生み出す。

竹の爆ぜる音は災いを退け、高く 上る煙に乗って正月の神様が帰る。 などと言われている。



ちょっと寂しいどんど焼きではあったが、

民間伝承行事を絶やしてはいけない







未分類 | 2016/01/16(土) 22:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ