プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
中央アルプス おまけ

動画を撮ってみたが、風が強く風音が耳障り、さらに動かし方がまずく思うようにはいかないものだと

反省している。

参考までに上げてみました。 










次回は、もっときれいに撮れるよう真面目にやります。





スポンサーサイト
中央アルプス | 2015/08/20(木) 07:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)
中央アルプス Part III

朝食をしっかり食べ、空木岳に向かう。

ひんやりした空気の中急登を登る。

振り向けば澄み切った空気の中に浅間山が浮かぶ。

IMG_4072_20150819050751e53.jpg


蓼科山から赤岳まで、八ヶ岳の全貌がくっきりだ。

IMG_4073.jpg


アップで見ると、赤岳ってこんなにごつごつしてるんだ・・・ と感心する。

IMG_4074_20150819050754491.jpg


甲斐駒ヶ岳 と その左のゴジラのようなごつごつは上級者向けの鋸岳。

IMG_4075_20150819050755d08.jpg


浅間山から八ヶ岳、南アルプス北岳までの大パノラマ。

IMG_4076.jpg


反対側には、2日間いつも一緒だった御嶽山。

IMG_4080.jpg


正面に空木岳山頂がそびえる。

と思ったら偽ピークだったのだが・・・

IMG_4085.jpg



歩いてきた稜線を見ると、達成感と満足感で一瞬心が和む。

IMG_4089_2015081905122471f.jpg


こちらは、空木岳のさらに奥にある南駒ヶ岳(2,841m)だ。

IMG_4108_20150819051225723.jpg


ついに、空木岳(2,863m)山頂です。

IMG_4111.jpg


朝7時、山頂はすでに多くの人たち。

みな、360°の大パノラマに、感激、疲れも吹っ飛んだ様子。

IMG_4114.jpg


思い思いのポーズで写真を撮る人たち。

IMG_4116.jpg


南駒ヶ岳へと続く稜線

往復4時間、行ってみたいが次の機会にとっておこう。

IMG_4120_20150819051946bf4.jpg


下山方向、南アルプスに向かって緑の草原が広がる。

IMG_4122.jpg


そして、可愛らし駒峰ヒュッテが見える。

あそこで一息と、一気に下る。

IMG_4136.jpg


山頂で見た駒峰ヒュッテのデッキには、人はいなかったが、

着けば、そこは一緒に降りてきた人でいっぱい。

考えることは誰も同じようだ。

今下った、登山道を振り返る。  山頂まではっきりと見える。


IMG_4139.jpg


これから下る方角は、緑の絨毯敷き詰めたなだらかな稜線。

IMG_4154.jpg


さらに下れば、今来た道も緑の絨毯の中。

なだらかな下りで気持ちがいい。

IMG_4161.jpg


途中、奇岩、巨岩の間を縫ってさらに下る。

IMG_4172.jpg


目の前に南アルプス、八ヶ岳を見ながら爽快に下る。

まさに至福の一時。

IMG_4174.jpg


この後、遠い遠い駐車場まで波乱万丈、いろいろありましたが、出会いも含め

やっぱ良かったな。



帰りは、駒ケ根で有名な明治亭本店のキャベツ大盛りのソースかつ丼。

お腹いっぱい、思い出いっぱいの楽しい山旅となりました。


おわり・・・








中央アルプス | 2015/08/19(水) 05:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ハンモック

川に吊り下げたハンモックを庭に設置してみた。

椅子とテーブルの後ろに慎ましく張ってみた。

IMG_4235.jpg


邪魔な物はどけみた。

昼頃からは、木陰になりお昼寝には最高。

IMG_4226.jpg

モデルがいなくてつまらない写真だが、結構遊べる。

パラシュート用の生地で軽くて丈夫だが、

寝っ転がると広がらず、自然とミノムシ状態になり、暑苦しい。

ブランコのようにすることもでき、その方が快適だ。

IMG_4230_20150816215811f19.jpg

取り外しも簡単。

今晩は雨とのことで、フックを外しお片付け。

畳んでしまえば、ウソみたいに小さくなる、

お勧めです。




未分類 | 2015/08/16(日) 22:06 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ツリガネニンジン

裏山に植えたツリガネニンジンが満開になっている。

IMG_4242.jpg


真夏の花の無い時期、暑さにも負けず咲いている。

IMG_4243.jpg


下向きに恥じらうように咲く。

写真を撮るには、ちょっと厄介な小さな花。

IMG_4246_20150816214201e68.jpg


小さな花をいっぱいつけるので、見ごたえもある。

IMG_4250_20150816214234ebc.jpg


5年くらい前に植えた一株。

こんもり大きくなったが、これでも一株です。

IMG_4252.jpg

猛暑のせいか、園芸種の花は、次から次へと枯れていく。

そんな中で、もともとこの辺りに自生している山野草は強い。

暑さをものともせず、頑張っている。

頑張らなきゃ・・・








自宅のお花 | 2015/08/15(土) 22:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)
中央アルプス Part II

木曾駒ヶ岳の次は宝剣岳を目指す。

中央左のとんがった岩が宝剣岳(2,931m)、

それからアップダウンが続く稜線を歩き、空木岳直下ので木曾殿山荘まで行きます。

IMG_3884.jpg

岩によじ登ろうと悪戦苦闘している元気な人たち。

IMG_3897.jpg


20数年前には私もやりましたが、今は遠慮しときます。

IMG_3901.jpg


狭い宝剣岳の山頂には、天気にも恵まれ多くの人がいます。

IMG_3904_20150812061121e18.jpg


一気に下ります。

振り返れば、よくもこんな所を下ってきたものだと感心する。

IMG_3903_20150812061010864.jpg


宝剣岳と稜線の緑が美しい。

IMG_3906_20150812061123e26.jpg


南アルプス越しに見る、富士山。

IMG_3907.jpg


気持ちいい稜線を歩きます。 

正面に見える山まで、ひたすら歩きます。

IMG_3915.jpg


檜尾岳()2,728m)から見る、檜尾避難小屋。

緑の丘の上に、ぽっこり建つ可愛らしい避難小屋です。

IMG_3948_20150812061127876.jpg


美しい稜線がさらに続きますが、実際にはかなりのアップダウン。

IMG_3962_201508120612058c4.jpg


これが空木岳?、どこまで行ってもよくわからない。

IMG_3963_20150812061206ec4.jpg


登りきったと思えば、再び下る。

小さな峰がいくつも連なり、登っては騙され登っては騙されの繰り返し。

精神的にもこたえる。

IMG_3976_20150812061209705.jpg


ガスが出てきた。 ちょっと心配になる。

IMG_4025_201508120612115c0.jpg


東川岳(2,671m)になんとか到着。 相棒は、もうダメ模様。

後は一気に木曾殿山荘まで下るだけです。

IMG_4026_2015081206124410a.jpg


空木岳への稜線がくっきり見えますが、上の方はガスです。

さあ、降りよう。

IMG_4035_20150812061245218.jpg


夕食後、気づくとガスは消え、夕焼けが空を染めます。

IMG_4046_20150812061247257.jpg


そして翌朝、御来光直前、八ヶ岳方面が真っ赤に染まります。

IMG_4058.jpg


刻々と変化する空と山並のグラデーションを楽しむ中、

御来光です。(よくわかりませんが・・・)


IMG_4064.jpg


心は満ち足り、気力も十分。

朝食を食べ、空木岳へ行こう・・・・


続く。






北アルプス | 2015/08/12(水) 06:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。