プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブラックベリー

ブラックベリーが食べごろを迎えている。

暑い日が続き、甘みを増してきた。

IMG_4200_201507290739291dc.jpg


桑の実をおおきくしたような感じだ。

IMG_4205_20150729073931697.jpg


酸味があるが、好き嫌いは人それぞれ。

ちょっとユニークな独特な味。

IMG_4209.jpg


自宅で放任状態で育てられる丈夫な木いちごです。







里山の収穫物 | 2015/07/29(水) 07:43 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ここまでやるかよ・・・

ちょっと山登りで留守をしている間に、またまたやられた!

ワイヤメッシュにぶら下がっていたかぼちゃ狙いか、道路側の石垣を崩して侵入。

道路には、石が散乱。

石垣の跡もない、ただの崩れた法面となってしまった。

正直、もう手の打ちようがない。

IMG_4195_20150727210600ac7.jpg


まさか、石垣を崩してまで侵入するとは思ってもいなかった。

よほど、周囲に餌が無いのだろう。

IMG_4183_20150727210602b5f.jpg


穴を掘って、悠々と入ったようだ。

もちろん、他のかぼちゃも含めてほぼ全滅。

IMG_4188_201507272106033d4.jpg


こんな状況でも、父は内側に電柵を張り、これ以上入らないようにすぐ対処した。

入れば、ビリビリ・・ だ。

IMG_4190.jpg


そうはいっても、これをどう直すか。

それと依然イノシシがのしかかり押しつぶした畑への入口扉。

頭が痛い。







裏山整備 | 2015/07/27(月) 21:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
富士山お鉢巡り
さて富士山山頂に着いたのはよいが、富士山山頂でお一番高いところはちょうどこのお鉢の反対側の剣ヶ峰なのだ。

ということで行くしかない。

あまりにも天気が良いので、蒲団を干してます。

IMG_3531.jpg


この真向こうが剣ヶ峰(3,776m)です。

IMG_3532.jpg

この世とは思えないような不思議な世界を歩きます。

IMG_3538.jpg


山頂の今は使われていない観測所がはっきりと見えます。

IMG_3541.jpg


火口の底のアップです。

IMG_3543.jpg


山頂から火口の底まで一気です。

IMG_3544_201507232247279e1.jpg


火星のような何とも奇妙な世界。

IMG_3546.jpg


迫力がましてきた。

IMG_3554.jpg

恐る恐る覗き込む人たち。

IMG_3563.jpg

最後の急登を登り切れば、遂に山頂です。

皆さん、疲れ切った顔をしてます。

IMG_3570_20150723225028805.jpg


山頂でしばし休憩の後は、雪渓の跡を横切り残り半分のお鉢巡りです。

IMG_3571.jpg


ここまで来ると今まで見えなかった南アルプスが突然現れてきます。

IMG_3576.jpg

はっきり言ってどこかわからない。 でも南アルプス。

IMG_3581.jpg


IMG_3587_20150723225035cad.jpg


お鉢巡り後半はこんな感じ。

IMG_3594.jpg


不思議な世界が続く。

IMG_3595_20150723225456f51.jpg


IMG_3597.jpg


IMG_3598.jpg


やっとぐるっと一周、もとに戻りました。

IMG_3601.jpg


雲の上の世界から下界に一気に下ります。

IMG_3605.jpg


砂漠のような世界。

IMG_3606_20150723225542729.jpg


外国人も大勢チャレンジしてました。

私がこけると、「大丈夫」って優しく日本語で声をかけてくれる有様。

IMG_3611.jpg


富士山の急斜面がわかる。




IMG_3615_20150723225547452.jpg


IMG_3618_201507232257279d4.jpg


暑くてたまらなかったが、これから雲の中へ突っ込みます。

IMG_3620.jpg

というわけで、疲れ果てこの後の写真がない。

でも無事、馬返しに到着。

約12時間半の空中散歩でした。





富士山 | 2015/07/23(木) 23:07 | Trackback:(0) | Comments:(0)
一合目から富士山へ
馬返しを4時08分発、快調に登ったが、樹林帯の中からのご来光となってしまった。

そして、5合目の佐藤小屋付近から山頂を望む。

真っ青な空と緑。

IMG_3454.jpg

スバルライン5合目の建物の上には、右から甲斐駒ヶ岳、観音岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳が見える。

IMG_3459.jpg

さらに進み、スバルライン5合目との合流地点である6合目に到着。

山頂がすぐそこに見えるような気がする。

IMG_3469.jpg


登山道のバックには、八ヶ岳、金峰山をはじめとする秩父の山々がくっきりと浮かぶ。

IMG_3470.jpg


八ヶ岳

IMG_3475_20150721224858a99.jpg


左から 瑞牆山、金峰山、国師ヶ岳、甲武信ヶ岳なども見える。

IMG_3476_20150721224900c15.jpg


霧に包まれた山中湖を囲む丹沢の山々。

IMG_3478.jpg


左のとんがりが箱根の金時山、その右が神山、その直下が噴火をしている大涌谷となる。

IMG_3480_201507212249036d6.jpg


標高を上げるにつれ、徐々に景色が変わってくる。

IMG_3494.jpg


空気は澄み渡り、槍ヶ岳、大キレット、穂高もはっきりとわかる。

IMG_3495.jpg


やっと富士山らしくなってきた。 心がはやる。

IMG_3503_20150721225842ca2.jpg


甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳の間には、左から穂高、槍、常念、大天井、立山、剣、鹿島槍、五龍が見える。

(カシミールで確認したのだが。)

IMG_3504_2015072122584394e.jpg


八ヶ岳の一番左端が編笠山、その左が五龍岳になるようだ。

IMG_3506.jpg


歩き始めてちょうど4時間の8時過ぎ、山中湖周辺の霧が消え、湖がくっきりと見えてきた。

IMG_3507.jpg


見上げれば、いくつもの山小屋が見える。

山頂はどこ?

IMG_3513.jpg


八合目の恐怖・・・  

いくつもの山小屋があり、次こそ9合目とおもいきや どこまで行っても八合目○×館とか・・

あげくは、本八合目と言うのまででてきた。


IMG_3514.jpg


ここを駆け上がるつわものがいる。

トレラン選手だ。

IMG_3518.jpg


振り返れば、蟻んこのように人が連なって登ってきます。

IMG_3522_2015072123161903f.jpg


吉田口頂上(3,710m)着   約7時間かかりました。 

剣ヶ峰(3,776m)は火口のちょうど反対側なので、

ここで小休止、気合を入れます。

IMG_3525_20150721231622d23.jpg


続く・・・






富士山 | 2015/07/21(火) 23:31 | Trackback:(0) | Comments:(1)
鬼百合

山百合が終わる頃、鬼百合が咲き出す。

山に植えたのは、イノシシに食べられ、全滅したが庭や道路沿いの鬼百合は元気に咲いている。

IMG_3698.jpg


ちょっとグロテスクだが、思いっきり自己主張している。

IMG_3701.jpg

この強烈なオレンジ色は、人目をひく。

夏本番だ。





自宅のお花 | 2015/07/20(月) 22:29 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ