プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
位牌岳

遡ること、1月24日  無性に行きたくなり愛鷹山の位牌岳(1,475m)へ。

天気予報は快晴、パウダースノーの雪を足元に青空に浮かぶ霧氷が見たかった。

ところが・・・・・

空は曇り、霧雨状態。 高度を上げるに連れ小雪が舞ってきた。

幸いなことに雪はすぐやみ、登山道には雪はない。

期待の霧氷はあるが、どんよりした曇り空。

でも、神秘的で感動ものでした。 来てよかった。

位牌岳から愛鷹山の間の霧氷の写真です。

IMG_5310.jpg


IMG_5313_20150224223017348.jpg


IMG_5316.jpg


IMG_5323_201502242230205c0.jpg


IMG_5325_20150224223022164.jpg


IMG_5327.jpg


IMG_5332_20150224223105f95.jpg


IMG_5333.jpg


IMG_5334_201502242231087f4.jpg


IMG_5338.jpg


IMG_5372.jpg


IMG_5373.jpg


IMG_5375_20150224223144b5f.jpg


IMG_5378.jpg


IMG_5379.jpg


IMG_5380.jpg


IMG_5381_20150224223221406.jpg


途中、愛鷹山のちょっと手前の馬場平でガスにまかれ、完全に道を見失ってしまった。

やっと来た道をみつけ、泣く泣く撤退。

精神的な苦痛が重なり、帰りの足取りは重くきつかった。



帰ってログを見れば、愛鷹山はすぐそこ。

でも、あの時の判断は間違ってなかった。

引き返す勇気  ・・・  










山登り | 2015/02/24(火) 22:44 | Trackback:(0) | Comments:(3)
天城:八丁池へ

再びさぼりぐせがついてしまった。

2月15日は、メタボ対策で雪積もる天城、青スズ台、八丁池へ・・・


雪の無い水生地歩道を進んで約40分、突然世界が変わった。

IMG_5446.jpg


アイゼンを付け、慎重に歩く。  ブナの巨木が目の前に横たわる。

IMG_5451_2015022322572882e.jpg


心地良い太陽の光を浴び、ブナの巨木が光輝く。

IMG_5467.jpg


真っ青な空の中に、ブナが浮かび上がる。

IMG_5469.jpg


ふかふかの雪の上を、青スズ台に向かって歩く。

足跡はたったの一人分。

IMG_5475_20150223230120de3.jpg


雪原が広がると、すぐそこが青スズ台山頂(1,236m)

IMG_5478_20150223230121cfe.jpg


山頂からは太平洋が一望できる。

目の前に見えるのは、三筋山界隈の風車。

全部で20数基を設置するらしい。  景観破壊とも思えるが、いかがなものか。

IMG_5479.jpg


誰もいない開放感溢れる雪の上で、ちょっと戯れちゃいました。

IMG_5508.jpg


こちらが、有名など根性ブナ?

IMG_5522.jpg


まったりした後は、展望台へ。

凍った八丁池越に見える富士山はまた格別!

IMG_5551.jpg


今年は暖かいのか、全面凍結にはいたっていない。

IMG_5552.jpg


アイス板でコチコチに凍った登山道のブナ越しに見る八丁池。

神秘的な世界だ。

IMG_5554.jpg


さらに慎重に下る。

IMG_5556_2015022323091342d.jpg


無事、湖畔に到着。  思ったより雪は少ない。

IMG_5559_20150223230914791.jpg


青い空と乳白色の湖面、そして純白の雪のグラジュエーションが見事だ。

IMG_5562.jpg


湖畔を散策。 この静寂さが心地よい。

そんな中、池の上に足を乗せると、バリッと・・・  地上近くの氷は薄い。

IMG_5565.jpg


帰りは、下り行幸歩道を一気に下る。

途中、巨大なブナに圧倒される。

IMG_5580.jpg


こちらは南斜面なのか、雪は少なくアイゼンは必要ない。

IMG_5583.jpg

暖かい木漏れ日を浴びながら、軽快に下る。

IMG_5584.jpg


雪景色を見たいが、車の運転も嫌だし、寒いのも嫌だし、本格的な雪山などはもってのほか。

そんな中、晴れマークの天気なら安心して行ける八丁池。

良かったです。感動ものでした。  

車で30分、徒歩2時間で世界が全く変わります。

おすすめです。











山登り | 2015/02/23(月) 23:32 | Trackback:(0) | Comments:(1)
30分で雪から桜へ

昨日は、雪と桜を一瞬にして両方体験した。

天城に行こうと家を出発したが、途中アイゼンを忘れたのに気付き、急遽西伊豆の達磨山へ。

西伊豆スカイラインの駐車場はこんな感じ。

早速、達磨山(981m)に登り、しばし写真撮影で遊ぶ。

残念ながら、雲で富士山や南アルプスは見えなかったが、雄大な景色を楽しむ。

IMG_1027_20150208141206087.jpg

ここからいきなり、海に向かって急降下。

わずか、30分で世界は南国へ。 桜が満開です。

IMG_1032.jpg


ここは、土肥の萬福寺。

土肥桜が真っ先に咲くので有名。

IMG_1035_2015020814120910a.jpg


近所のおばあちゃんちも散歩がてらお花見に来てました。

IMG_1038.jpg


花びら全体が紅く染まってとてもきれい、それでいて何となく品がある。

花梗が長くて枝には6~7個の花が咲くのが特徴的のようだ。

IMG_1042_20150208141212b96.jpg


青空をバックに濃いピンクが映える。

IMG_1043.jpg


IMG_1045_20150208141302379.jpg


土肥桜は、開花期が早く、例年12月中旬からつぼみがほころび始め、2月中旬まで、長い間楽しめるようだ。

IMG_1050_201502081413062ff.jpg


萬福時の全景、土曜日にもかかわらず落ち着いた静かな感じです。

IMG_1051_20150208141309c27.jpg


この後は、ギネスブックで世界一と認定された直径31m、長針の長さ12.5mの花時計を見ながら

周辺に植えられた土肥桜を鑑賞することに。

IMG_1058_20150208141356c02.jpg


この公園周辺には、数10本の土肥桜が植えられているが、木はまだ若い。

色も薄いピンクから濃いピンクまでいろいろ。

IMG_1059_2015020814135827d.jpg

花の形も萬福寺とは少し違う感じがする。

IMG_1062.jpg


河津桜より、一足早く咲く土肥桜。

静かな、落ち着いた雰囲気で桜をみるなら、こちらがおすすめ。









未分類 | 2015/02/08(日) 14:38 | Trackback:(0) | Comments:(0)
福寿草

今朝は、寒く氷が張り、霜柱が立ち、厚い霜がべっとり。

そんな、凍り付くような朝でも、陽が差せば暖かくなってくる。

IMG_0923.jpg


不思議なもので、曇り空では花開かない。

そして陽が差すと、気づく頃には既に咲いている。

IMG_0924.jpg


この時期、葉は無く、花が地面すれすれに咲く。

IMG_0931_20150201184925ffd.jpg


暖かくなるにつれ、茎が伸び人参みたいな葉が徐々にでてくる。

IMG_0935.jpg


この辺りでは、フクジュソウの花は珍しい。

雪の中に咲くフクジュソウは見れないが、春の訪れを感じさせてくれる花だ。

2月になれば、春はもうそこまで来てる。









自宅のお花 | 2015/02/01(日) 18:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)