プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
更紗ウツギ

しばらく忙しい日々が続いてたが、やっと一息です。

私占用のパワースポットを散策すると、

更紗ウツギが咲いてました。

IMG_9530_20120527214950.jpg



花びらの内側が純白、裏側にほのかなピンクが似合う、可愛らしい花。

新緑の中、とてもさわやかな雰囲気を醸し出してます。

IMG_9540.jpg


重弁の花を多数咲かせ、重さで枝先が垂れ下がる姿が、またいいんです。

IMG_9590_20120527214949.jpg


甘い香りを放つようだが、今は、ミカンの花の香りが強烈すぎてわからない。

IMG_9591.jpg


森にさわやかさを運んでくれるお気に入りです。

IMG_9595.jpg



この更紗ウツギ、植えて3年目かな・・・。

毎年咲いてたのですが、

やっと、更紗ウツギ本来の雰囲気がでてきました。

おすすめの落葉低木です。










スポンサーサイト
自宅のお花 | 2012/05/27(日) 21:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)
いろいろ2

忙しくブログの更新も、写真を撮ることさえできない日々が続いた。

というわけで、5月13日(日)に撮った写真です。


まずはコデマリ。

IMG_6021.jpg


小さな花が株全体をふんわりと包んでいる。

IMG_6023_20120522204542.jpg


こちらは、オオデマリ。

花びら一つが大きい。 すでにピークは過ぎ、傷みかかっている。

IMG_6030.jpg



モクレンのくせに開花が遅い黄モクレン「金寿」

5月連休の頃から咲き始める。

IMG_6046.jpg


黄緑の葉の中に、黄緑色の花が咲く。

あまり目立たなく、いつ咲き始めたわからない状態。

IMG_6047_20120522204540.jpg



「二人静か」が咲き出した。

この辺りでは、ごく普通に見られる。

IMG_6066_20120522204539.jpg


何箇所かに分かれて自生している。

鹿に食べられなくなり、ゆっくりだが徐々に株は大きくなっている。

IMG_6067.jpg


忙しく、しばらく写真を撮っていない。

この間、しゃくやくは、花の開花を見ることなくすでに散ってしまった。

山しゃくやくは、蕾は付けたが、昨年同様まるで大きくならず腐ってしまった。

今年植えたばかりのしゃくなげは草に埋もれてどこかわからなくなっている。

切るべき竹の子は、すでに3,4㍍になっている。

まだまだあるが・・・・



困ったものだ。













自宅のお花 | 2012/05/22(火) 20:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
色々咲いてるよ

忙しく花をゆっくり見る暇もない今日この頃。

仕事前の今朝7時過ぎのお花たち。

IMG_5000_20120513222532.jpg


ポピーでしたっけ?

毎年、こぼれ種で花を咲かせる。

最初は4色くらいあったのだが、遂にこの色一色になっちゃいました。

IMG_5040.jpg


ジキタリス。

徐々に上のほうに向かって花開いていきます。

IMG_5053.jpg


こちらは、別の場所。

バックはチェリーセージ。

IMG_5057_20120513222530.jpg


黄しょうぶ?

宿根草で丈夫、すぐ大株になっていく。

IMG_5060.jpg


株分けし、数ヶ所に分けて植えている。

IMG_5070.jpg

この時期、黄色が目立つ。

IMG_5072.jpg


純白のカラーとの組み合わせもきれいだ。

IMG_5075.jpg


デルフォニウムも花が開いてきた。

IMG_5985.jpg


ちょっと遅れて咲き始めたブルーの色がきれいだ。

IMG_5986.jpg


八重咲きのマーガレット。

毎年、秋に挿し木をし、絶やさないようにしている。

IMG_5989.jpg


この時期の大輪、しゃくやく。

IMG_5990.jpg


あと30分もすれば、開花するのだが時間がちょっと早い。

今年は、花が開いているのを見れずに時が過ぎ去りそうだ。

IMG_5992.jpg


こうやって撮るとすっごく咲いているように見える。

IMG_5994_20120513222711.jpg


せっこくもいつの間にか咲いている。

IMG_5998_20120513222710.jpg


多分30年くらいはこの状態。

ほっぽらかしで毎年咲いてくれる。

IMG_6000_20120513222709.jpg


この花も増えてきたような気がする。

名前がでてこない。

IMG_6002.jpg


上の方の葉っぱは、鹿に食べられ、ぎざぎざになっている。

IMG_6006.jpg


こちらは八重のしゃくやく。

IMG_6028_20120513222754.jpg


こんなに蕾があるのに、

早朝や夜は開かないので見ることができない。無念!

IMG_6031.jpg


ちょっと遅れて咲き出したシランの白。

IMG_6087.jpg

まだまだ、咲いているのですが

とりあえず、今日はここまで。







自宅のお花 | 2012/05/13(日) 22:44 | Trackback:(0) | Comments:(1)
デルフォニウム
背の高い花を植えるようになった。

IMG_0195_20120512051938.jpg


デルフォニウムの青に感激し、種を蒔いたこともあるが、いつも失敗。

そんなんで、今回は一鉢100円程度の苗を植えた。

IMG_0201_20120512051937.jpg


白と青。

あの魅惑的な青の開花は、これからだ。

IMG_0203.jpg


こちらも背が高い、全方向360°タイプのお花、ジキタリス。

IMG_0252.jpg


この花の最大の特徴は、毒があること。

よって、道端に植えても鹿に食べられない。そこがうれしい。

IMG_0256.jpg


見るからに毒々しい色をしている。

IMG_0258.jpg


紫と白と一本づつ咲いている。

IMG_0260_20120512052002.jpg


次から次へと開花する花だが、

残念ながら、見る暇がない。



紫陽花が色づく頃には、一息つけるか・・・・。






自宅のお花 | 2012/05/12(土) 05:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)
箱根 長安寺

5月4日(土)に遡ります。

神山へ登る前に、紅葉で有名な長安寺に寄ってきました。

紅葉の時期には、何度か来ているが、この時期は始めて。

IMG_0061_20120508054935.jpg


見覚えおある美しい新緑の5枚葉。

朝露に濡れた赤い淵を持つ葉が輝いている。

IMG_0067_20120508054934.jpg


シロヤシロです。

丹沢辺りでは、自生の巨木が多く見られますが、

庭植えでこんな古木を見るのは始めて。

満開の時に是非来てみたいものだ。

IMG_0069_20120508054933.jpg


すぐ近くでは、ニリンソウが花咲かせている。

IMG_0070_20120508054933.jpg


そして、ボタンももうじき開花。

IMG_0071.jpg


境内から裏山へと続く道に入る。

脇には、苔むした美しい小径が続く。 早朝のため、朝露を浴び輝いて見える。

IMG_0073_20120508054931.jpg


五百羅漢像でも有名なこのお寺。

静かで凛とした空気が流れる中、山野草が似合う。

IMG_0074.jpg


シラユキゲシがちょうど見頃を迎えている。

IMG_0076.jpg


こちらは、おだまき。

IMG_0078_20120508055132.jpg


さらに進むと、シラユキゲシの群生が出現。

黄色の山吹がアクセントを添える。

手入れの行き届いた檜林の下に、ひっそりと咲いている。

そして、それ見守るかのように佇んでいる五百羅漢。

盗掘は許さぬ!なんて言っているようだ。

IMG_0080.jpg


脇の石垣には、イワタバコが無造作に生えている。

IMG_0083.jpg


むむ・・・

これは、カタクリ?

すでに花は終わり、葉が溶け始めている。

こんな近場に群生地があるとは・・・

IMG_0088.jpg


おまけにクマガイソウまで咲いている。

何でも揃っているって感じで嬉しくなる。

IMG_0092.jpg


1356年創建の古いこのお寺。

春のこの時期もまた格別です。

そして、裏山整備の目標とでも言うべきか、

非常に、参考になりました。



ということで、行きつけの山野草店で

ヤマブキソウを買って帰る。



植える場所の選択に悩む。

数年後の群生を目指し、雑木林の中へスコップと水を持って分け入る。

これがけっこうきつい。

さて、どうなるのやら。






旅&散策 | 2012/05/08(火) 06:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。