プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
お花畑

休耕田を利用したお花畑に土曜日の午後立ち寄った。

時期がちょっと早いため、今は3種類の花が咲いている。

IMG_2600.jpg



田んぼは、あたり一面オレンジ色の絨毯に大変身を遂げている。

IMG_2610.jpg



このアフリカキンセンカが現在の主役。

IMG_2615.jpg



こちらは私の好きなネモフィラであるが、

案内板には、るりからくさ(ネモフィラメンジェンシー)

となっている。

IMG_2620.jpg



姫金魚草もちらほら。

IMG_2623.jpg


田んぼのあぜ道には、れんげも咲いている。

IMG_2627.jpg



近くで見るとまだこれからって感じ。

この後、つましろひなぎく、矢車草、ひなげしなどが、

ゴールデンウイークにかけて咲き出します。

IMG_2630.jpg


休憩所では、子供が戯れている。

IMG_2639.jpg




染井吉野が開花する頃はお花もピーク。

そして賑わいもピークを迎える。

それまでは、静寂がこの田園風景を包み込む。




ちょっと遅い春、でも確実にやってきてます。

がんばれ 日本!







スポンサーサイト
近所のお花 | 2011/03/30(水) 06:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ムスカリ

例年よりちょっと遅い春。


我が家のムスカリが見ごろを向かえています。

IMG_2659.jpg



春は黄色やピンクの花が多い中で、ひときわ目立つ色。

そして、とんがりぼうしのユニークな姿。

IMG_2661.jpg




バックには、アネモネ、ノースポール、キンセンカ・・・

IMG_2663.jpg



水仙、ノースポールと一緒に。

IMG_2666.jpg



続いて今日開いたばかりのチューリップと一緒に。

IMG_2667.jpg


密集して植えるとなかなか迫力がある。

IMG_2669.jpg



今度は、白実の万両と芽を出したばかりのユリも一緒に。

IMG_2672.jpg



石臼の前で咲いてます。

IMG_2673.jpg




気分を変えて、 

そう ガンバレ 日本!







自宅のお花 | 2011/03/27(日) 18:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ヒマラヤユキノシタ

外は春なのに、どうも気分がうかない。


そんな時は、鮮やかなピンクで元気をだそう。

IMG_2537.jpg



まだ咲き初めで茎がほとんどない状態。

これから暖かくなるに連れて、背が伸びてきます。

IMG_2538.jpg



花の割に常緑で真冬でもつやつやしている特大の葉っぱ。

IMG_2539.jpg


野外でも問題なく越冬。

寒さにも丈夫なヒマラヤユキノシタです。

IMG_2545.jpg



近所の大島さくらが満開になった。

そしてハクモクレンが一日で開花、

あっと言う間にあたり一面を真っ白に染めている。


確実に春はやってきてます。

元気をだそう。







自宅のお花 | 2011/03/21(月) 17:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)
お見舞い申し上げます。
日々、拡がる被害そして原発の安全性への不安。

見ているだけで、私の心も沈んでいきます。


亡くなった方々のご冥福を祈ると共に、

被災された皆様やそのご家族に

心よりお見舞い申し上げます。


せめて、お花でも見て頂き、元気になって頂ければと思います。

どんなにつらいことがあっても春は必ずやってきます。

我が家で一番の早咲きのツツジ、吉野ツツジです。

IMG_2548.jpg


アカヤシロを思わせるような透きとおったピンクが美しい。

IMG_2542.jpg





みなさまの健康と一日も早い復興をお祈りいたします。




自宅のお花 | 2011/03/15(火) 20:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
22時間の旅
今日の午後、22時間もの長旅からやっと帰ってきた。

庭のしだれ梅には、つがいのメジロがきて、花の蜜を吸ったりさえずっている。

どこにでもある穏やかな光景ですが、

今日はこんな光景にしみじみと安らぎを感じる。

IMG_2561.jpg


 昨日の3時半 静岡駅にいた。

たまたま出張で静岡に。早めに会議も終わり買い物をして駅に着いた。

なんと!! 全て止まっているではないか。

いくら健脚でも、さすがに伊豆までは歩けない。

 そのうち動くでしょ。なんて気楽に考えてたんですが、

駅のTV中継が目に入り、この世のものとは思えない光景にただただ愕然。

こりゃ帰れないと覚悟。

さてどうしよう。

とりあえず、何か食べよう。 

空腹になるといらいらして正常な判断ができなくなる。
(正解でした。)

妹が清水に住んでるので、そこにでも泊めてもらうことに。

まだ早いから、再びデパートで時間つぶし。

5時半頃、仕事から帰って来た頃を見計らい電話。

ところが、いくら電話してもつながらない。

そうだ、災害だよな・・・。こういう時はつながらなんだよな。

と納得。

しょうがない、バスで勝手に押しかけることに。

バスはいっぱい走っているので、問題なし。

ところが、

清水は避難勧告地区、清水行のバスは全て運休とのこと。

でも、バス停まで行ってみることに。

大勢の人が並んでるので、「これ清水行きですか。」と。

「そうだよ、みんな待ってるんだけど、なかなか来ないんだよ。きっと混んでるんだよ。」
との返事。

向こうのバスの運転手さんが「今日は運休です。」って言ってたよ。

と教えてあげると、俄然ざわざわと、

「不親切ね・・教えてくれてもいいのにねえ・・・」

と始まった。

私の話したことで、周囲が殺気だってきたので、

あくまでも、私が聞いた話だから、「ちゃんと確認してくださいね。」

と言って、おいとました。

でも、清水に一番近いところまで行けるバス路線とバス停を聞いておいたのが後で役にたちました。



その後、携帯から自宅へ電話、自宅から清水に電話(有線)を入れてもらい、何とか携帯がつながる。

妹は静岡の中心地は不慣れなため、清水にできるだけ近いところまでバスで来てとのこと。

そして待ち合わせはその近くにある交番。英語ではKOUBAN と言う。

でもこの話が終わる前に電話は切れ、2度とつながらない。

バス停に行くとちょうどそのバス出発寸前。

ドアをたたき、無理やりのっけてもらい、運転手さんに降り場所をちゃんと聞いた。

1時間くらい待つのかな・・・

と思いつつ、やっと携帯がつながった。

兄弟なのか、以心伝心か、同じくせっかちなのか、

とりあえずこちらに向かってるとのこと。

バスを降り、寒いので交番に入り、おまわりさんに静岡駅の状況を話していると

すぐやって来ました。 こんな状況下で完璧なタイミングでした。

お風呂に入り、テレビを見る。

想像以上の被害に唖然・・・。

眠りにつく。

 翌朝、歩いて15分、静岡駅行きの電車に乗り込む。

 いまだ、JRも、伊豆急も運休、かろうじて新幹線は動いてたんですが、その先がない。 

三島で降り、修繕寺まで行きバスで河津に行こうと思い、新幹線に乗り込む。

三島で降りる直前、伊豆急線が動き出したと電光掲示板に。

急遽熱海まで行くことに。

熱海からは、踏み切りの度に安全確保のために一時停車。

上り東京方面の電車は、まさにすし詰め状態。

(間引き運転のため、2回しかすれ違わなかったんですが。)

そうこうしている内に到着、今日の午後1時半無事帰宅となりました。

22時間の長~い、辛い旅となりました。

 皆さん、ご無事だと良いのですが。



家に帰り、メールをチェックすると、アメリカの友人からお見舞いが届いてました。

取り急ぎの返事のみで、詳細はこれから書くのですが

説明のため画像を作成しました。

tsunami.jpg

位置関係を把握してもらい、安心してもらえればよいのですが。



そして、友人がどのようにな情報を得てるのかを知るには、

やはり向こうのHPを見るのが一番です。

ほぼ毎日見ている番組がこれです。↓ 

CBS Evening News

スタートまでちょっと時間がかかるかも知れませんが、見て見てください。

ものごとが客観的に見えます。

今回の地震では、

日本での観測史上は最大ですが、世界では5番目。

今回のは、とてつもなく大きいんです。

被害状況がわかるにつれて、事の甚大さがわかってくると思います。

map.jpg

あっと言う間に、日本の状況、2時間後に到着したカリフォルニア州サンタクルーズの津波、原発の状態、過去の地震との関係等がすっきりまとまっています。

はっきり言って、私も内容まではわかりませんが、迫力ある悲惨な映像に心がうたれます。

是非、一度見てみてください。



亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。







未分類 | 2011/03/12(土) 21:07 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。