プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
沈丁花
甘いほのかな香りに誘われ、行ってみると

裏庭の沈丁花が咲いている。

IMG_1900_20110228200111.jpg



暖かい日が続いたので、あっと言う間に開いた。

IMG_1910.jpg



香りが強すぎ、茶の湯では禁花とされている。

IMG_1923.jpg



IMG_1927.jpg



沈丁花の寿命はかなり短いように感じる。

移植は嫌うし、大きくなると自然に枯れてしまう。

この沈丁花も我が家にとっては何代目かだ。

IMG_1928.jpg



元気なうちに、挿し木で更新しておかねばならない。

IMG_2001.jpg


写真は暖かな日曜日に撮ったものだが、

今日は一転、一日中冷たい雨。

しばらくこの寒さが続くようだ。


花木は寒さをぐっとこらえ

春を待ちわびてるようだ。









自宅のお花 | 2011/02/28(月) 23:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
人に埋もれる河津桜
いや・・・まいりました。

この時期人込みが嫌いな私は、河津桜は避けているんですが。

ちょっと用事があり、足を踏み入れたら or 車を乗り入れた途端に身動きとれず。

とりあえず、一本の桜だけ撮って早々撤退。

IMG_1800_20110227194921.jpg



これは、昨年できた河津桜観光交流館の道路を隔てた民家の庭の桜。

「かじやの桜」と看板までできている。

IMG_1810_20110227194921.jpg



まさに満開。

IMG_1820_20110227194921.jpg



濃いピンクが辺り一面に春を呼び込んでいる。

IMG_1825_20110227194921.jpg



暖かい朝日をおもいっきり浴び、輝いてる。

IMG_1830.jpg



どこまでも続く真っ青な空をバックに意気揚々としている。

IMG_1894_20110227194920.jpg



河津桜は、枝が横に広がる習性がある。

庭から元気に飛び出し、道行く人を圧倒する。

IMG_1897.jpg



全体はこんな感じ。

きれいな形で広がっている。

IMG_1899.jpg



人が映ってませんが、実際は凄い人並み。

この人たち、何を見に来てるんだろう・・・・

歩道、橋、売店、車道、そして桜の木までもが人で埋め尽くされてます。

道路は天城の反対側から大渋滞。



こりゃだめだと思い、

早々帰ってきました。


滞在時間、15分でした。









近所のお花 | 2011/02/27(日) 20:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
福寿草

昨年始めて植えた福寿草。

いつまでたっても芽が出ないので諦めていたんですが

突然発芽、あっと言う間に開きました。

IMG_1900_20110226183221.jpg



日中しか開かないので、今日が初めてかどうかはわからない。

明日はでかけるので、今日が最後かも・・・。

IMG_1901.jpg



この近辺では全く見かけない。

やはり、福寿草にとっては暖かすぎるのか。

IMG_1902.jpg


ちょっとだけオレンジがかった黄色がまぶしいくらいだ。

IMG_1917.jpg



しだれ梅の下で鮮やかに咲く福寿草

IMG_1919.jpg


福寿草の隣には水を張った石臼

しだれ梅の花びらがひらり、ひらりと水面に・・・

IMG_1981.jpg


こちらは、裏山で咲いているたんぽぽ。

やっぱ似てないよね。

IMG_2015.jpg


今日は一日、ものすごく良い天気。

あっという間に、蕾が膨らんできた。




自宅のお花 | 2011/02/26(土) 19:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
なにわず

なんともお粗末なお話し。


このなにわず。 20年くらい前に通販で買った貴重な木。

冬、花の無い時期に咲き、

そして夏には葉が落ちる

と言う事で珍しい落葉低木。

IMG_1775.jpg



黄緑の葉に埋もれて黄色の4弁の花が咲く。

辺りにはほのかな良い香りが漂う。

IMG_1781.jpg



樹皮が堅く、刃物が無いと切ることができないほど強く

「鬼を縛ることもできる」とのことで、「鬼縛り」とも言う。

IMG_1871.jpg


そんな貴重な木だったはずですが、

裏山に行くといくらでもあります。

これは特に園芸種でもなく、裏山に自生しているのまったく同じ。

20年たった今でも背丈は1mくらい。

せっかくですので、ここに20年居座っています。

IMG_1875.jpg




これ以来、

木を購入する時には、

いろいろ調べるようになりましたとさ・・・。





自宅のお花 | 2011/02/24(木) 23:34 | Trackback:(0) | Comments:(2)
水仙
乙女椿の下にこんなかわいい水仙が咲いていた。

IMG_1773.jpg



濃い黄色の水仙。

10年くらい前に頂いたのだが、

椿の下で日も満足にあたらず、いつまでたってもひょろひょろ。

存在すら完全に忘れられているのだが、花開いたときだけ

今年こそは植え替えてやらねば、と思い数年が過ぎてしまった。

心新たに、今年こそは・・・・。

IMG_1770.jpg




こちらの水仙も存在感のまったく無い水仙。

後で写真を見て、これどこだったけ。

と思い出すのに時間がかかる。 決して嫌いなわけではないのに・・・。

IMG_1828.jpg


純白できれいなんだけど、

咲く時期に問題があるのか、なぜか注目されない。

IMG_1827.jpg


もうちょっとすると、黄色のラッパ水仙が一気に花開く。


自宅のお花 | 2011/02/22(火) 20:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ