プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ミセバヤ

昨年も載せた「ミセバヤ」 

一週間遅れで満開となりました。

厚みのある見ごたえのある葉が春から芽吹き、花も美しい。

そして、花後は紅葉する。

IMG_8800.jpg



花の少ない時期、蝶や蝿までもが蜜を求めやってきてます。

IMG_8810.jpg



台風の後の静けさの中で、ピンクがひときわ鮮やかに映えます。

IMG_8823.jpg



石垣の上から見たところ。

おやおや、カマキリもきています。

IMG_8837.jpg



石垣にこんな風にへばりついています。

IMG_8840.jpg



もう一株はこんな具合。

IMG_8845.jpg



ちょっと離れて2株、仲良く咲いている。

IMG_8850.jpg



私が、物心ついた時から、大きくもならずこの大きさでづっとこの石垣についている。


ミセバヤは環境省レッドリストによると絶滅危惧IB類(EN)となっている。



これが、それなのか、それとも園芸種のミセバヤなのかはわからないが、

ともかく大事にしよう。






自宅のお花 | 2010/10/31(日) 21:03 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ピラカンサを切る

台風が刻一刻と近づいてきている。

被害がでないよう祈り、ひたすら過ぎ行くのを待つ。



画像もなく、我が家の記録用のどうしょうもない先週日曜日の作業です。

イヌタデが秋を告げている。

IMG_8080_20101030085312.jpg




イヌタデの上には、ピラカンサが巨大化して困っていた。

するどい棘が多く、いつも悩みのたね。

DSCN0631.jpg




今年は、春の思いがけない寒さのため、柿や梅の実が一つもならなかったように
ピラカンサにも、実がついてない。

この際、切っちゃえ!

と言うことで・・・・。

DSCN0632.jpg



反対側から。

田舎らしく、敷地内にお墓があります。

DSCN0634.jpg



すっきりしました。

日本初のアメリカ領事館(お寺です。)の和尚さんからいただいた
オガタマにも日が当たるようになりました。


後ろのクロガネモチの木も今年は切らねば・・・・。

DSCN0637.jpg



ついでにもう一本切っちゃいましょ!

DSCN0639.jpg



棘だらけで、これを捨てるのが大変。  

とは言っても、

田舎ですので、よっこらっしょと道路を引きずって藪(我が家の竹やぶです。)へポイです。

DSCN0647.jpg


こちらもすっきり。  エンジェルストランペットが元気に咲いてます。

DSCN0658.jpg




でも、後ろの錆びたトタン板が見苦しい。

イノシシ除けなのですが、効果は無いし、道路に面してるし

春までには、何とかしたいのだが・・・。


次から次へとやることがいっぱい。








裏山整備 | 2010/10/30(土) 09:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
海岸散策

たまには、まったりと近くの海岸へ。

毎年、楽しみに観察しているこのお花。

IMG_8603.jpg



昨年と同じ10日前に見に来たが、蕾は硬く閉ざされたままだった。

そして今日、やっと咲き始めたっていう感じだ。

IMG_8606.jpg


数少ない咲いている花を探す。

IMG_8630_20101027210236.jpg



昨年あった場所に一本も生えてない場所もある。

逆に、昨年見られなかった箇所に、こんな元気な株を見つけた時にはうれしくなる。

IMG_8638.jpg


今年は、草の背が低くこのリンドウ科センブリ属にとっては好都合なのか、
昨年見られなかった広い範囲で見つけられた。


来週、見ごろを迎えそう。 

IMG_8640.jpg



海をみながら、お気に入りの場所へ。

ここには、イソギクが群生している。 ハイマツのような松の間から生えている。

IMG_8655_20101027210235.jpg



海岸線を歩くとこんな花もちらほら咲いている。

IMG_8683.jpg



ノカンゾウがまだ咲いている。

ここは、ひだまりで風もうまく避けられ暖かい。

わずか10m位の場所だけちょっと植物の生育環境が違う。

こんな時期なのに、植物が青々している。

IMG_8701.jpg




この地域には、ハマユウ、ハマボウ、ハマゴウと似たような名前の植物が3種類自生している。

これは、ハマゴウ、真夏に咲いている花を良く見かけるが、
いまどき咲いているのを見るのは始めて。 

IMG_8710.jpg



葡萄みたいなこれは何でしょう?

IMG_8711.jpg



鮮やかな黄葉、山芋(自然薯)です。

IMG_8752.jpg



ふと見上げると、アケビが、  でも、届かない・・・。

IMG_8755.jpg






採れないアケビを見つけると、無性に食べたくなった。

どこかにないか。






近所のお花 | 2010/10/27(水) 21:42 | Trackback:(0) | Comments:(1)
瑞牆山と金峰山
10月23日(土) 「瑞牆山と金峰山」 へ紅葉を見に行ってきた。

わかっていたが紅葉の時期には既に遅かったが、天気に恵まれ最高の一日だった。

瑞牆山がそびえ立つようにそびえ立っている。

これからあそこまで行くのだ。

IMG_8220.jpg



しばらく歩くと、開けた場所に。

富士山が雲に浮かぶように幻想的に見える。

IMG_8228.jpg




手前が茅ヶ岳、その奥が南アルプス。

IMG_8247.jpg



瑞牆山へと到着です。

IMG_8249.jpg




富士山がくっきりと見えます。

IMG_8251.jpg



こちらは、南アルプス。

甲斐駒、北岳もはっきりとわかります。

IMG_8254.jpg



八ヶ岳がこんなに近くはっきりと見えます。

IMG_8277.jpg



こちらは北の方角さらに遠く。

左から高妻山、焼岳、妙高山ですかね?

IMG_8295.jpg



一旦富士見平まで戻り、金峰山へ向かいます。

IMG_8326.jpg




大日岩です。

下りて来た若者2人組みに聞くと、すぐ下まで登れるとのこと。

あまりにも気持ちがよく、てっぺんまで行っちゃいました。

あと5cm身長があれば何でもなかったのですが、

ちょっとだけ、爪をはがしちゃいました。
IMG_8337.jpg




てっぺんからの眺め。

先ほど登った瑞牆山がかなり下に見える。

IMG_8344_20101024234430.jpg



こちらは、金峰山。

紅葉が、山頂の五丈岩めがけて一直線に連なる。

IMG_8353.jpg




五丈岩が圧倒的な威圧感で目前に迫る。

IMG_8381.jpg




山頂到着。  

ごらんのとおりの人ごみ。 皆、五丈岩へチャレンジする人を眺めている。

IMG_8390.jpg



斜め横から一瞬の隙に撮った山頂標識。

IMG_8392.jpg




五丈岩と富士山 ・・・・ 幻想的な世界。

IMG_8394.jpg



こちらは、五丈岩と南アルプス。

IMG_8395.jpg



やはり富士山はいいものだ。

IMG_8416.jpg





うまく登れると、万歳が。 下からは大喝采と拍手!

IMG_8452.jpg




富士山の美しさが際立つ。

IMG_8457.jpg



富士見平から、朝来た時のコースを変えゆっくり林道を歩く。

所々に真っ赤なもみじが。 

IMG_8484.jpg



そうだよ、これを見に来たんだっけ・・・。

IMG_8493.jpg





2,000m以上では、既に紅葉は終わっていた。

下の方は、赤よりは黄色、黄緑色だ。

それはそれで美しいのだが

目の覚めるような真っ赤な紅葉が見たいものだ。











山登り | 2010/10/25(月) 07:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)
午後のひととき

午後から雨が降り出した。

外での作業を止め、ふと思いついた。

午前中、ひろってきた木の実。 

そうだ、これを食べてみよう!

IMG_8528.jpg


外は雨。

ベランダで、お気に入りのプレートに木の実を広げる。

偶然会話の話題になったのは一ヶ月前。 どうやって食べるかだ。



偶然がかさなり、今朝、家の下の川に行くと、落ちてるではないか。

臭いがたまらなくこれまで集める気がしなかったが、横は川、ここで洗えばよいのだ。

バケツに集め、水を入れ棒でゴシゴシ、グルグル、皮と実が分離するまでかき回す。

そして、川の流れの弱い浅いところに全部流す。

沈んでいる実を拾う。 意外と簡単だった。

IMG_8536.jpg



さて、ビールのおつまみには、どうすれば良いのだろう?

試しに、焼いてみました。 

山行き用のストーブに、網は日本ミツバチ用に使うスズメバチ侵入禁止金網。

IMG_8549.jpg



消えそうな位の弱火で焼いていたのですが、爆発するのです。

びっくりしました! 

カメラを近づけてる最中にも、爆発。  おっかなびっくりの撮影。

その内、大変! 燃え始めた。

IMG_8556.jpg



あわてて消し、完成品はこのとおり。 

爆発で皮がふっとんで実だけのもある。

IMG_8558.jpg



うまい具合に少しずつ実が割れている。

IMG_8560_20101024182358.jpg



こんがり焼けた実は、透き通るような鶯色。

IMG_8564.jpg




剥くのもいたって簡単。 その上、味は格別。

もっとはやく、気付けば良かった。

IMG_8567.jpg




充実した午後のティータイム、

コーヒーを飲みながら、遊び心一杯の料理?

IMG_8568.jpg




アメリカ国旗のプレートを使うと、なぜか写真がきれいに見える。

こんな何も無い自然色だけの田舎で

カラフルなアメリカン・テイストは粋ではないか・・・・。








里山の収穫物 | 2010/10/24(日) 18:44 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ