プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
スイーツ
これ、何かわかりますか?

DSCN0500.jpg




おわかりですね。
この子達、そう日本ミツバチの蜜が一杯入った蜂の巣です。
DSCN0558.jpg




裏山に設置してある蜂の巣箱。
気に入ってくれたようで、春に入居していただきました。
DSCN0561.jpg



例年この時期、家賃を現物支給で頂いてます。
まずは、てっぺんの板を外します。
すると、こんな感じです。


おっと・・・
今年は、隙間が空いている。 夏の暑さで蜜が少なかったようです。
DSCN0569.jpg



一段目と2段目を切り離し、一段目の上側をもう一度蓋をしひっくり返します。
DSCN0570.jpg



この黒い部分が糖度の高いハチミツです。
DSCN0575.jpg



この巣を取り、蜜を採ります。
ちょっと失敗で、まだ蜂がたくさんいます。
DSCN0580.jpg




もう一つの巣箱もいただきます。
手抜きでコンパネでいい加減に作った箱なのですが、お気に入りのようです。

これは、昨年4月に入ったミツバチ。 今年初めての採蜜です。
DSCN0581.jpg



天板を外したところ。

たくさんの働き蜂まで、一緒に傷つけちゃいました。
ごめんなさい。
DSCN0584.jpg



一段目(最上部)を取り外し、2段目の上部と一緒に写す。
2段目より下のハチミツは、越冬用の大事な食料ですので残しておきます。
DSCN0587.jpg




びっしりと詰まっている感じ。
DSCN0588.jpg



同じように、ナイフで抉り取ります。
すでに蜜の臭いをかぎつけ、スズメバチが寄ってきました。
DSCN0590.jpg




これを、ビニール袋に入れ、自然に蜜が垂れてくるのをひたすら待ちます。

天気の悪い寒い日が続くと蜜が垂れるのに時間がかかります。

これだけ落とすのに丸2日かかっています。

IMG_7648.jpg


おいしい貴重な日本ミツバチの蜂蜜のできあがりです。

今年はちょっと少なく、これだけ。

天然・純粋 100%。

ここから半径2km以内に咲いた花の蜜、半年分です。


本当はもう一回濾すと、もっともっと美しいおいしい蜂蜜ができるのですが・・・
面倒くさくなっちゃいました。


皆さんにもおすそ分けしたいのですが・・・・。

















里山の収穫物 | 2010/09/29(水) 23:00 | Trackback:(0) | Comments:(2)
チェリーセージ


華やかさはないが、鮮やかな真っ赤な花が印象的なチェリーセージ。

春から霜が降りる秋まで咲き続ける貴重な花。
IMG_7606.jpg



花の無い時期、ふと見ると咲いている。そんな、清楚な花だ。

葉がサクランボに似、甘い香りを放つので、ハーブとしても知られている。
IMG_7611.jpg




メキシコ原産の宿根草。

我が家に根付いて早4年目、茎はすでに木化し大株になっている。
IMG_7615.jpg




ここ数日天気が悪く、雨の降る日が多くなった。

気付くと、あっという間に草が伸びている。









自宅のお花 | 2010/09/28(火) 07:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)
季節の花
猛暑のため。極端に花が少なくなった。

でも、この時期になると必ず咲き出す花もある。


一番秋を感じる花、コスモス。
IMG_7500.jpg



今年は暑さのせいか、近所でもコスモスが見当たらない。
IMG_7510.jpg


たますだれ。 どこにでもある花だが彼岸花と同じ頃咲き出す。
IMG_7520.jpg



群生させると存在感が増すが、これだけだとちょっと淋しい。
IMG_7530.jpg



ニチニチソウも元気に咲き続けている。
IMG_7584.jpg



猛暑で花が次々と枯れてしまったので、初めて植えたアンゲロニア
夏花壇に、そして霜が降りる頃まで咲き続けるとのこと。さらに多年草というのが魅力。
IMG_7588.jpg



宿根アスターが咲き始めました。
かなり大株になってますのでこれからが楽しみです。
IMG_7601.jpg



わずか、数本しか残ってないヒャクニチソウです。
IMG_7631.jpg



暑さにめっぽう強いスピードリオン。
ユニークな顔つきがひょうきんで頼もしい。
IMG_7639.jpg



お彼岸なのに彼岸花が咲いてない。 

と思っていたら、あっという間に咲き出した。

不思議なものだ。







自宅のお花 | 2010/09/26(日) 19:44 | Trackback:(0) | Comments:(0)
昨晩は中秋の名月と言われる十五夜さんでした。

まん丸に輝くまぶしい程のお月さんとその左下の木星がなんとも美しくうっとりでした。


栗拾い係が、突然足が痛くて今日はいけなかったと言う。

明日は、雨の予報。 そして例の小悪魔君も気になる。

十五夜さんで明るいので、懐中電灯を持って、夜7時過ぎに栗拾いへ・・・・。



こんなに拾えました。
IMG_7538.jpg



ちっとカメラで遊んじゃいました。
IMG_7555.jpg



この時期は大粒の種類になります。 
早生の「国見」と言う品種と昔からの何とかと言う品種です。
IMG_7558.jpg



約3Kgあります。
IMG_7560.jpg



星条旗のプレートの登場です。 
IMG_7562.jpg



ロブスター(伊勢海老ではない)の器に入れちゃいました。
IMG_7563.jpg





外は雨、ベランダでのんびり撮影、そしてお昼寝。

ふと目がさめ、外を見ると、ベランダの手すりにちゃっかりと座っているお猿さん。

しばらくにらめっこ。

脅かすと、隣の家の屋根にジャンプ、そしてお互い観察の時間、再びにらめっこ。

カメラを持ってくるので、待ってくれ・・・・。

戻った時には、屋根の反対側。 安全距離を確保したせいか、のんびりこちらを見てます。

IMG_7643.jpg



夕方、一瞬雨が止んだので、再び栗拾いへ。

ガサガサッと音がするので、上を見ると先ほどのお猿さん。

栗の木の上の方で食べてます。 

こらっと脅かすと逃げていきました。

幸い、栗は大丈夫でした。



家に戻り、威嚇用のロケット花火を数発、山に向けて発射!!





知恵比べ・・・昨晩の栗拾いがあるので、先手必勝で私の勝ち。


次は、猿との知恵比べになるのか・・・・。








里山の収穫物 | 2010/09/23(木) 17:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)
笑っちゃうね
恒例の朝のお散歩。

こんなものを見つけちゃいました。

そして、おもわず、笑っちゃいました。
DSCN0506.jpg



なんだかわかりますか?この黒い帯状のもの。
DSCN0507.jpg




下のほうから山に向けて一直線。 長さは7,8㍍はあります。
振興宗教の一種でしょうか?
DSCN0510.jpg



本来は、このようになるはずでした・・・・が。
DSCN0512.jpg


上手に皮を剥き、おいしいところだけしっかりと食べます。
DSCN0514.jpg


これは、下手な食べ方。
DSCN0521.jpg


食べられる前の栗の3兄弟。
DSCN0533.jpg



黒いものは寒蓮紗、栗が拾い安いように、使い古しを敷いてみました。
これが便利で、拾うのも簡単。 今年で2年目、穴だらけですが結構役に立つ。


さらに、

時々、出没する小動物君たちへの「いじわる」にもなります。

栗を食べにきた、小動物。
足がこの寒冷紗(カンレンシャ)にからみ、はずれなくなったようです。
あわてふためいて、長い寒冷紗をひきずり、山に逃げた様子が目に浮かびます。

想像しただけで、おかしく笑えてきます。
DSCN0537.jpg



犯人は多分この子。 (撮影はすぐ近くですが別の時)
15cm四方の防護柵をくぐりぬけ、よなよなやってきます。
のろまで、愛嬌のあるこの子は、一体だあーれ。
DSCN7274.jpg



夜になると、活動を開始するこの子。

どこにでも出没します。

結構、悪さをするのですが、愛嬌があって憎めない。



今回の、知恵比べ、予想外の展開で私の勝ちとしよう!。







里山の収穫物 | 2010/09/22(水) 07:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ