プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ホテイアオイ

ホテイアオイが咲き出した。

梅雨時に鮮やかなムラサキがまぶしい。
IMG_1044.jpg



アップにするとなかなか良い感じだ。
IMG_1045.jpg



どこにでもあるホテイアオイ。でも最初の花は、なぜか品格があり美しい。
IMG_1049.jpg


どことなく、ロマン溢れる姿である。
IMG_1051.jpg


まだ2つしか咲いてないが、存在感たっぷり。
IMG_1053.jpg



これは、もと水車小屋の中にあった石臼です。
そう、めだかもいるはずなんですが・・・・。 どうなったんでしょう?
IMG_1054.jpg



この石臼、ここに運ぶまでが大変だった。
本当に重く、腰を痛める寸前だった。


さらに、問題がある。  

ちょっと傾いている。 
でも、今さら直すには重過ぎる。気力も失せてしまった。






自宅のお花 | 2010/06/29(火) 07:26 | Trackback:(0) | Comments:(2)
とっても悲しいできごと

5月にやってきたツバメさん。

ここが気に入ってくれたようで、卵を5つ産みました。 確認したのは5月30日。
届かないので手をおもいっきり伸ばし、コンデジで適当にパチリ。
ぼけててすみません。
DSCN5180.jpg



いつの間にか卵が孵り、なんか、さわがしいな・・と思うとちゃんと5羽の雛が。 
元気に育ちました。


そして、この土曜日。  小雨の中、薄暗い巣の中のつばめちゃん達を撮影。 
親鳥を待っている状況。  神妙な顔つきです。
一匹影になってますがちゃんと5羽います。
IMG_0942.jpg


親鳥の近づく気配を察して、大きな口を開け、鳴き叫びます。
IMG_0945.jpg



エサを持ったお母さん鳥の到着です。
IMG_0970.jpg



エサをもらうため、まさに戦場のようなありさまです。
IMG_1020.jpg



お母さんも迷います。どの子にあげたらよいのか。
IMG_1030.jpg


とりあえず一番口を大きく開けた子にエサを与えます。
IMG_1026.jpg


まだ食べたいようですが・・・ もう無いよ。
IMG_1025.jpg



この白いもの、何かわかりますか?
子ツバメのウンチです。  ちゃんとUターンをして巣の外にウンチをします。
それをお母さん鳥が運んで捨てます。
IMG_1035.jpg



今年は無事巣立かなあ・・・ なんて楽しみにしていたのですが。

やっぱり、自然の摂理はそう簡単にさせてはくれませんでした。



昨日、ツバメの天敵、青大将(蛇)が天井を這い上がり雛3匹をペロリ!
たまたまじいさんがいて、それをみつけ、棒で蛇を天井から落とし、退治しました。

でも、残された2羽の雛は、どうなったのか、今日は見当たりません。



蛇がどうして、この時期、雛を食べるのか。

私なりの考えは

1 雛が成長するのにつれ、ざわめきや鳴き声が大きくなり感づかれやすくなる。

2 毎年同じ場所に巣を作るので、巣作りの段階で、蛇は感づいている。でも食べごろを待っている。

そして、もう一つの疑問:

 どう考えても天井の下側を蛇が移動できるわけがないのに、しっかりと巣までたどりつけるのはどうして?



どなたかわかる方いましたら、教えてください。




5羽の雛たちのご冥福をお祈りします。







未分類 | 2010/06/28(月) 22:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コクラン
雨の合間をぬって、裏山の竹林へ。

この冬見つけたコクランが気になってしょうがない。

今までこの時期、裏山散策などしなかったが、この春からは、天気さえ良ければ、毎朝20分くらいかけて散策。
気になる花や木々をチェック、と同時に裏山は私だけのパワースポット。 
気を全身に蓄え、いざ仕事へ! って感じなのだ。


コクランと言うだけあって、黒い花びらだ。 
薄暗い竹やぶの中で、知らなければ花とを思えないようにひっそり咲いている。
IMG_0788.jpg



緑の葉は美しい。その葉から連想して可憐な花が咲くと思っていたが、花はこのとおり。
IMG_0789.jpg



あまりにも地味すぎて、花かどうかも良くわからない。 だから、これまでここで生き延びてきたのだろう。
IMG_0803.jpg


真上から見た様子。
IMG_0806.jpg


孟宗竹から離れていると、竹の子堀の時に一緒に掘られてしまう。 
だから竹のすぐ近くのものしか生き延びられない。
IMG_0810.jpg



密集しているわけではないが、その気になって探すと結構みつかる。
IMG_0812.jpg



各地でホタルブクロが咲いている。
我が家には無い??   そんなはずは!

最近、まめに草刈をしてるので、一緒に刈ってしまったようだ。
よく探すとちゃんと咲いてました。


下刈り機の届かないところで・・・・。 安心しました。
でも、ジレンマに。 

草を刈るべきか、それともホタルブクロを残すべきか。




昨日、やっちゃいました。
この春植えたばかりのシロヤシロ。 気づいてた時には、元気な枝が・・・。
幸い、もう一本の枝は残ってました。


どんなに注意しても、棒をたてても・・・
やっちゃうんだよな。















自宅のお花 | 2010/06/27(日) 22:47 | Trackback:(0) | Comments:(0)
カンナ
いつの間にか、カンナが満開になっていた。

雨が降る前に、撮ってきました。


赤に黄色の淵のあるちょっとけばけばしい奴です。
IMG_0830.jpg


珍しい色合いなので存在感たっぷり。
IMG_0832.jpg



IMG_0834.jpg



植えて20年くらいたちます。 どんどん増えるので、せっせと引っこ抜きます。
IMG_0839.jpg



こちらは、黄色を基調とし赤の斑点が入ります。
IMG_0850.jpg


IMG_0855.jpg


IMG_0860.jpg



背丈は両方とも低く1mくらい。ちょうど良い高さです。
IMG_0862.jpg




ほっぽらかしでも、毎年ちゃんと花をつけてくれる頼もしいお花です。







自宅のお花 | 2010/06/26(土) 17:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ビヨウヤナギ
二晩続いた、大雨と強風でかなりの花がやられた。

そんな中で、元気に花を咲かせているのがビヨウヤナギ
IMG_0751.jpg



子供の頃からここに居座り、特に大きくなるわけでもなく、この時期になると必ず花を咲かせる。
IMG_0753.jpg


雨にも強く、梅雨時に見ごろを迎える。
IMG_0754.jpg


雨にうたれ、他の花がなくなったとき、ふと気づくような隠れた存在。
IMG_0756.jpg



近頃では、似たような花のキンシバイが道路脇に植えられているが、こちらの方が和風的で好きだ。
IMG_0762.jpg


まだ蕾も多くあるので、しばらくは楽しめそうだ。
IMG_0765.jpg




今朝は、天気が良かったので、久しぶりに裏山散策。

そして、この写真を撮りました。




自宅のお花 | 2010/06/24(木) 07:49 | Trackback:(0) | Comments:(1)
次へ