プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
伸びる竹の子
ちょっと油断したら、あっと言う間にこんなに大きくなりました。

竹やぶの外側は南向きで暖かく、成長が早い。
DSCN4837_20100429193141.jpg


すごい数でしょう。
DSCN4838_20100429193141.jpg


竹林の中は、日当たりが悪くまだ小さく本数も少ない。
DSCN4843_20100429193141.jpg


こちらは、隣接する檜の林。  この中にまで進入し、檜を枯らします。
DSCN4845_20100429193140.jpg

ここが、檜と竹の境目。  上の方に見えるのが防護柵と防護ネット。
防護柵の外側には、竹の子は一本もない。
あるのは、猪が掘り起こした跡とおびただしい鹿の糞だけ。
DSCN4846_20100429193140.jpg



今日、この竹の子をすべて鉈で切り倒しました。
イノシシが食べなかったので、例年の倍以上はあったと思う。

疲れてきて、だらだらやってたら、つい手がすべり竹の子と自分の足(ひざ小僧の辺り)を一緒に切ってしまいました。
痛・・・・・!  と思いきや、痛みは無いもののひざの辺りがぬるぬるする。
恐る恐るズボンをまくる。 やっぱり、 すぐ家に戻り治療。 
幸い、たいしたことも無く一休みして再び竹の子切り。

ところが、傷口が再び開いてしまい。 またしてもぬるぬる・・・。
さんざんな一日でした。




里山整備を始めた頃は毎回ケガをしてましたが、今回は久々。

道具をあまく見ると、しっぺ返しがくる。
なにごとも慎重に!










裏山整備 | 2010/04/29(木) 19:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)
燃える富士
キスミレ、カタクリ、ニリンソウなど思う存分楽しみ、帰路につくと・・・



燃え上がってます。 富士山が・・・。
IMG_8447.jpg



この火のすぐ脇を、煙にむせながら帰りを急ぎました。迫力満点!!
IMG_8446.jpg





最後は、のどかな風景。 おなじみのこいのぼりと富士山のコラボです。
IMG_8455.jpg



盛りたくさんの一日でした。




旅&散策 | 2010/04/28(水) 22:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
キスミレ
キスミレを探しに・・・・本題です。

九州の阿蘇山と富士山周辺にしか自生していないと言われるキスミレを求めて、のんびり散策を始める。


落ち葉の絨毯の中に、ポツリ、ポツリと咲く。
IMG_8050_20100427225752.jpg


朽ち果てた巨木の横でも見つけた。
IMG_8100.jpg


雑木林の厚い落ち葉の中から顔を出すキスミレ
IMG_8110.jpg


後ろ姿は、なかなか凛々しい。
IMG_8181.jpg


こちらは、キクザキイチゲ。 可憐で純白な花を咲かせる。
IMG_8317.jpg


ユキザサ、もうすぐ開花だ。
IMG_8323.jpg


ツクバネソウ・・・葉の形が羽根つきの羽根に似るところからこの名があるようだ。
IMG_8329.jpg


奇妙な形をしたエンレンソウ
IMG_8344.jpg


エンゴサクも数多く見られました。
IMG_8350.jpg


歩道のいたるところで咲くニリンソウ
IMG_8396.jpg




天気もよく、楽しい花散策ができました。





遠くのお花 | 2010/04/27(火) 23:10 | Trackback:(0) | Comments:(2)
カタクリ
あまり遠くへは行きたくないし・・・・・。
決めたのは、2日前。 そうだ! キスミレを見に行こう!

車で3時間、キスミレはどこ? 

狙いは、キスミレ、でもせっかくだから、
カタクリが咲くって言うが、本当かなあ・・・こんな所で咲くなんて調べても出てこないんだが。
でも、どっちみち、もう遅すぎだよ・・・ なんて思いながら歩く。
IMG_8260.jpg
突然、道なき急斜面から人が登ってきた。
曰く「一週間遅かった、2つ3つしか咲いてないよ。」

どこですか? と尋ね教えてもらった。 そこには確かに少なかった。
でも、地元の方が秘密の場所を教えてくださった。 
その時私はその場所にいなかったが、先ほどの方が私を待っててくれて教えてくれた。
感謝! 感謝!
IMG_8276.jpg


ちょうど見ごろの「カタクリ」が次から次へと現れる。
IMG_8280.jpg


柵やロープもなく、保護されているわけでもなくまさに、天然・自然の自生です。
IMG_8284.jpg


びっしりと言うわけではないが、それなりに咲いている。
IMG_8286.jpg


場所によっては、濃い紫の花が群生して咲いている。
IMG_8297.jpg


雑木林のふかふかな落ち葉の中から顔を出している姿は、言いようの無い生命の躍動感が伝わる。
IMG_8303.jpg


条件さえ整えば、植物はあっという間に広がる。 
条件が悪くても、じっと待つ。何年も・・・。 そして人はその存在すらを忘れる。
環境が変わり、条件が整うといっせいに芽吹く。 すごい生命力、したたかさだ。
IMG_8305.jpg


待っていてくれた方と一緒に山をくだった。
途中、あと1、2週間で開花のヤマシャクヤクがいっぱい見られた。


この山、なかなか良いぞ!
来年も行こう。







 
遠くのお花 | 2010/04/25(日) 22:50 | Trackback:(0) | Comments:(2)
アイリス
天候不順がつづく中、アイリスが咲き始めた。

薄い水色のアイリスは既に咲き終わってしまったが、
色の濃いこのアイリスは
この時期一斉に咲き始める。
IMG_8131.jpg


一日降ったり止んだりの天気。
その中でひときわ際立って咲いている。
IMG_8134.jpg


この色合いが何ともいえない。
IMG_8136.jpg




小雨の中、やまぼうし「サトミ」を植え替えた。
やっと、定位置についた。


明日は久々に晴れそう。




自宅のお花 | 2010/04/24(土) 21:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ