プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
修善寺 もみじ林
昨年感激した修繕寺のみみじ林
今年は、11月28日に近所の人たち10人で出かけた。
DSCN2764.jpg

10時前に着いたのだが、昨晩のテレビ放送もあり、すごい人ごみ。
あと5分遅かったら駐車場は無かった。
DSCN2765.jpg

眩しいほどの黄色の紅葉
DSCN2761.jpg

こちらは鮮やかな赤
DSCN2767.jpg


DSCN2766.jpg

紅葉は素晴らしいが、やはり人ごみは苦手だ。
一人、早朝に行くのが私にはあってるようだ。




遠くのお花 | 2009/11/29(日) 20:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上海の夜景
ここは上海、ナイトクルーズ。

商業開発の進む浦東地区、テレビ塔一帯は上海の経済発展を象徴するエリア。
まばゆいばかりにライトアップされたビル群はまるで近未来の風景を見ているかのよう。
DSCN2000.jpg


後方の青いライトアップは、世界で一番高いビル,上海環球金融中心。
高さ492メートル。101階建て。 森ビルが2008年に建設。 とんでもない高さだ。
上層部には、パークハイアットホテルがはいっている。
DSCN2003.jpg


わずか10年足らずの間に、次々とこれらの高層ビルが建てられたようだ。
DSCN2005.jpg


デザインはどれをとっても奇抜、建築家が何の制約も受けず自由に建てた感じだ。
DSCN2010.jpg


高さ468m、テレビ塔としてはアジア一の高さを誇るユニークな形が特徴の上海のシンボルタワー。
DSCN2100.jpg

上海は、来年の万博に向けて建設ラッシュが続いている。
この時も、建設中の70~80階建てくらいのビルがいくつも見えた。
現在世界一の高いビル,上海環球金融中心のすぐ隣では、2011年の竣工をめざして高さ約600mの
ビルが建設中だ。

とにかく、すごい。
エネルギー、躍動感、生命力溢れる上海は、私の世界観を大きく変えた。
上海は、世界一の大都市だ!

つづく


上海 | 2009/11/25(水) 23:41 | Trackback:(0) | Comments:(0)
南アルプス
11月21日(土)の南アルプスです。 すでにこんなに雪をかぶってます。
DSCN2374.jpg

この夏は、北岳、間ノ岳、農鳥岳を縦走。 それから甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳へも登った。
DSCN2277.jpg

DSCN2274.jpg


反対方向からの南アルプスです。
DSCN2278.jpg


さあ これからどこへ行くのでしょうか?



未分類 | 2009/11/24(火) 20:35 | Trackback:(0) | Comments:(1)
裏山の草花
昨日は裏山の草刈

草の間から、紫の小さな花が。 ヤマラッキョウだ。ここにもあったんだとうれしくなった。
たった一本しか見つけられなかったが、多分もっとあったのだろう。
草刈機では、気づいてた瞬間にあっという間に切ってしまう。今日は、真っ赤な実のついた万両を数本切ってしまった。
IMG_5426.jpg

こちらは、りんどう。  前はいっぱいあったような気がするが、こちらも一本だけ。
IMG_5530.jpg


どこにでもある のこんぎく。
IMG_5517.jpg

鹿やいのししのおかげでこの辺りの生態系が変わってきている。
今あるのは、鹿の嫌いな、樒(しきび)、万両、樹皮が丈夫なナニワズ・・・

困ったものだ。







自宅のお花 | 2009/11/16(月) 06:45 | Trackback:(0) | Comments:(0)
蓬莱橋
大井川にかかる蓬莱橋は全長897.4m、通行幅2.4mの木造歩道橋。
朝方の大雨はあがり、天気は快晴。 さあ、歩くぞ!
DSCN2192.jpg

歩き出すと風がでてきた。中央に進むにつれて風は強くなる。
ときどき強風にあおられ、体が揺さぶられる。危ない。
華奢な女の子は、強風が怖く、座り込んでしまった。
DSCN2191.jpg

良くみると、木造の橋脚は、河川敷の部分だけ。台風の度に壊れるので、川の中の橋脚はコンクリート造となっている。
DSCN2188.jpg

それでも良いの? って感じだが、この橋、平成9年12月30日に「世界一の長さを誇る木造歩道橋」としてイギリスのギネス社に認定されたとのこと。
DSCN2190.jpg

対岸はすぐそこに見えるのですが、確かに897mあるようだ。 歩いても歩いても一向に近づかない。 風も強いのでやむなく中央で折り返してきました。




旅&散策 | 2009/11/15(日) 18:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ