プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
八ヶ岳:権現岳

9月2日と3日、テント泊で八ヶ岳(西岳、編笠山、権現岳)へと行ってきた。


西岳からみる編笠山

重いザックを背負って、編笠山の麓、青年小屋キャンプ場までいく。

P9020003.jpg


しっかり飲んだ翌日は権現岳に向かう。

天気は快晴、遠くから富士山が出迎えてくれる。

P9030017.jpg


帰りは、正面の編笠山経由で戻ることになる。

編笠山の左手には南アルプス、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳が見える。

P9030018.jpg


右手に目を移せば、北アルプスが見えて来る。

P9030019.jpg


槍ヶ岳、大キレット、穂高の山並がくっきりと見える。

P9030020.jpg


素晴らし景色だ!

右手の蓼科山から白馬、穂高まで一望できる。

P9030021.jpg


富士山もくっきりと。

P9030029.jpg


北岳も迫力を増して迫って来る。

P9030093.jpg


これから左手のギボシ経由で光の差す権現岳に向かう。

P9030094.jpg



超神秘的な権現岳と富士山

P9030095.jpg


稜線は、迫力あって重なり合う八ヶ岳の絶好の展望所。

ここからの八ヶ岳の景色が一番好き。

P9030098.jpg


天気に恵まれ、絶景を楽しんだ八ヶ岳でした。






八ヶ岳 | 2017/09/16(土) 20:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)
天狗岳からの絶景

天狗岳の山頂は、まさに360°の絶景。

いつまでも、いつまでも見ていたくなるような素晴らしい景色。

東天狗と西天狗岳からの写真が入り乱れてますがご容赦を。

IMG_9620_20141008211800a66.jpg


IMG_9621_20141008211802c9f.jpg


昨年歩いた槍ヶ岳から奥穂高岳

この位置からだと、恐ろしいほど切れ込んだ大キレットが良くわかる。

IMG_9624_20141008211804675.jpg


IMG_9625_2014100821180606a.jpg


IMG_9622_20141008211803ed2.jpg


IMG_9627_2014100821200808e.jpg


IMG_9629.jpg


IMG_9644.jpg


IMG_9650_20141008212013cee.jpg


IMG_9655_201410082120140f3.jpg

IMG_9664.jpg


IMG_9666.jpg


IMG_9669.jpg




山ガールとの出会いは諦め、蓼科山を眺めながら、一気にくだる。

IMG_9673_20141008212104a8a.jpg


ここは、かつて天狗が戯れた、天狗の奥庭というとか

IMG_9681_201410082126244ce.jpg



やっと白駒池に到着です。

もう一度、じっくりと紅葉を楽しみましょう。

IMG_9693.jpg

今年の紅葉狩り、第一号でした。

次は、どこへ・・・・







八ヶ岳 | 2014/10/08(水) 21:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)
にゅうから東天狗岳へ

「もののけ姫」の世界のような苔むした森を超え、

この岩を登れば「にゅう」です。

IMG_9565.jpg


頂上に立てば、一面の雲海。

IMG_9580.jpg


よく見れば、雲海の中に富士山が浮かんでる!

予期しない富士山のお出迎えで、気分はハイに。

IMG_9583.jpg


少し、南を向けばこれから登る天狗岳がそびえる。

IMG_9567_201410052219587c4.jpg


降り返れば、白駒池周辺の山なみ、紅葉が美しい。

IMG_9586_201410052220024bb.jpg


いったん下り、振り返れば「にゅう」が

反対側は絶壁だったんだ。

あそこで覗き込んだことを思い出し、今さら恐怖感がわいてくる。

IMG_9591_201410052220431d0.jpg


ガスがかかってきた。

東天狗岳に迫力がでてきた。

IMG_9598.jpg


切り立った岸壁が現れる。

IMG_9607.jpg

稜線の右側には、先ほど登った「にゅう」が突き出ている。

そして、その斜め左上には、浅間山がかすかに見える。

IMG_9611_20141005222048b56.jpg


幸運にもガスは消えた。 

落葉したダケカンバが生繁っている。 この辺りの紅葉はすでに終わったのだ。

ここを登り切れば東天狗岳だ。

IMG_9613.jpg


東天狗岳(2,640m) 山頂到着。 

西天狗岳の方が6m位高いのでこちらには、ちゃんとした銘板がない。

可哀想に・・・・

IMG_9618.jpg


ここからの眺望は最高!

つづく・・・・







八ヶ岳 | 2014/10/06(月) 22:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
白駒池の紅葉

10月4日(土)、念願の白駒池に行くことができた。

ネットで調べた紅葉情報と休日がうまくマッチ、 さあ出かけよう!

駐車場から湖までは、樹齢数百年の時を刻んだツガ、トウヒ、シラビソの原生林を歩く。

標高2115mと、日本最高所にある湖・白駒池に到着。

周囲はご覧のとおり。 すでにピークは過ぎたようですが・・・・

IMG_9529.jpg


早朝から、大勢のカメラマンが待ち構えている。

今は、午前6時過ぎ。

IMG_9500.jpg


この後、にゅう経由で、東西天狗岳、そして、中山展望台、高見石を経て

再び12時半ごろ、湖畔に舞い戻ってきた。


太陽の位置関係で同じ景色でも、違って見える。

IMG_9555_20141005173838cca.jpg


静かな湖に子供たちが、ボートを乗り出す。

IMG_9715_201410051738399b1.jpg


静かな湖面に黄色や赤の木々が映し出される。

IMG_9717_201410051738414d0.jpg


早朝、多くのカメラマンが押し寄せていた場所も

逆から見ると素晴らしい紅葉だ。

IMG_9718.jpg


赤と黄色の紅葉に包まれた神秘的な白駒荘。

IMG_9724.jpg

ここは特にドウダンツツジの赤とダケカンバの黄色、

そして湖畔の岩と水面とのバランスが素晴らしい。

IMG_9735.jpg

ドウダンツツジの紅葉。

同じ木で、赤と黄色、両方の色が楽しめる。

我が家にもドウダンツツジがあるが、残念ながらくすんだ色しかでない。

IMG_9739.jpg


白駒荘の前では、一足早い紅葉を楽しむ観光客でいっぱい。

IMG_9790_2014100517392210a.jpg


駐車場に戻ると、片方の出入口は車に塞がれ、出ることができない。

幸い、もう片方の出入口はかろうじて出入りするスペースが残っていた。

そして、道路に出れば路上駐車が延々と続き対向車が来るとすれ違いもままならない状態。


湖畔までの距離、アクセスの良さ、他よりかなり早い紅葉を考えれば

納得がいく。 さらに

翌日は台風の影響で雨の予報。

白駒池の紅葉は、まさに今日一日、最終日に間に合ったって感じでした。












八ヶ岳 | 2014/10/05(日) 19:18 | Trackback:(0) | Comments:(0)
八ヶ岳

9月15日~16日で八ヶ岳に行ってきました。

9月16日は驚くほどの快晴、3連休の中日ですごい混み具合でしたが・・・

稜線を越えると、突然待ちわびた富士山が顔を出す。

IMG_0202.jpg


槍、穂高もくっきりと見える。

IMG_0172.jpg


入笠山のスキー場の奥には、中央アルプスが見える。

IMG_0182.jpg


権現岳の先には、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈岳がくっきりと浮かんでいる。

IMG_0195_20120919062156.jpg


そして、阿弥陀の先には、御嶽山と乗鞍、

写真にはないが、浅間山、金峰山方面もばっちりみえる。

IMG_0208.jpg


7時10分 赤岳(2.899m)山頂に到着

早朝から、すごいひとごみ。

IMG_0221.jpg


透明感溢れる素晴らしい景色に、皆感動!

写真を撮るのに夢中のようだ!

IMG_0219.jpg


これから向かう、横岳、硫黄岳が正面に広がる。

IMG_0224.jpg


富士山が一段と美しく輝いて見える。

IMG_0247.jpg



振り返れば、昨日登った阿弥陀、早朝から登った、赤岳が凛とそびえ立つ。

IMG_0254.jpg


何しろすごい人。

横岳の岩場では、すれ違いができず、大渋滞となる。

IMG_0258_20120919062301.jpg



今回のベストショット いかがでしょう?

岩山に立つ山ガール(?)と富士山、 威風堂々とした富士山が感じられませんか。

IMG_0267_20120919062301.jpg


硫黄岳を正面に、横岳をくだりながら、振り向く。

IMG_0277.jpg


午後1時半、素晴らしい景色を堪能した旅人は、行者小屋で山談義。

IMG_0284.jpg


こんな、天気は2度とないんじゃないか、と思わせるような澄み切った空、秋の到来。

感動と感激の連続でした。







八ヶ岳 | 2012/09/19(水) 06:53 | Trackback:(0) | Comments:(2)