プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
クマガイソウ

一昨日の大雨と強風でちょっと痛んでしまったが、

裏山のクマガイソウが見ごろを迎えている。

IMG_1449_2017042022414474c.jpg


昨日の夕方、西日がもろにあたっている。

IMG_1453_20170420224146229.jpg


IMG_1456_201704202241492ae.jpg


ここだけで13ヶの花が数えられる。

IMG_1460_201704202241501ca.jpg


こちらは、今朝の7時過ぎ。

朝日が後ろからあたってくる。

IMG_1503_201704202244315b7.jpg


太陽の光をバックに、

逆光の中で透き通って浮かび上がるクマガイソウが見事だ。

IMG_1507_20170420224434579.jpg


IMG_1508.jpg


ここにも50ヶ弱の花が咲いている。

IMG_1595_201704202244377a2.jpg


今年は、多分150ヶ位がただ今開花中。

これを見る人は、10人もいないか・・・・

贅沢な空間をまさに独り占め。


ヤマシャクが咲くようになったら、皆さんに公開したい。

あと数年かかりそうだが。

乞うご期待。














自宅のお花 | 2017/04/20(木) 22:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)
シロヤマブキ

シロヤマブキが咲き始めた。

純白の花がお気に入りだ。

IMG_1431_2017041919373305e.jpg



黄色のヤマブキとは全くの別種。立ち姿が似ているのでシロヤマブキと名付けられたようだ。

IMG_1428.jpg


しかも環境省レッドリストの絶滅危惧IB類(EN)に指定されているようだ。

と言うことで自生は限られたわずかな地域だけのようだが

園芸種としては、普通に栽培されている。

IMG_1429_20170419193737ae2.jpg


これは、実生から育ったシロヤマブキ。

忘れた頃発芽、3年目位から毎年花をつけるようになった。

毎年恒例のお楽しみの花だ。






自宅のお花 | 2017/04/19(水) 20:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
春真っ只中!

地面に日々が入り ・・・

IMG_1100_201704161923453d2.jpg


土を押しのけ、たけのこが顔を出す。

IMG_1105_20170416192347333.jpg


鮮やかな黄色のモクレンが春を告げる。

IMG_1110_201704161923505c6.jpg



辺りが、一気に明るくなる。

IMG_1120_201704161923527a2.jpg


裏山で恥ずかし気に下向きに咲くイカリソウ。

IMG_1230_20170416192352d34.jpg


そろって咲くと迫力がある。

IMG_1232_20170416192645229.jpg


3年前に蒔いた種からのヤマシャクヤク。

やっとここまで育ちました。  開花まであと何年?

IMG_1239_20170416192646bb6.jpg


お気に入りの一人静か。

濃い緑の葉に包まれて、ちょこっと顔を覗かせる。

微妙な一瞬。 見ごろはわずか一日か。

だから、毎日見に行く。

IMG_1240_20170416192647332.jpg


クマガイソウ、もうすぐ開花です。

お楽しみに。


IMG_1303.jpg



日々変化する裏山。

この時期が最も変化が大きい。

ちゃんと、見てあげなくっちゃ・・・・





自宅のお花 | 2017/04/16(日) 19:35 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ヤマユリの発芽

昨年の初夏、開花直前のヤマユリ100本が猪の被害にあい、ほぼ全滅!

斜面をヤマユリでいっぱいにしようと取り組んで数年。

わずか、数回のイノシシの侵入で夢は一瞬に消えてしまった。

一昨年までは、こんなヤマユリが無数にあったのだが・・・・

IMG_9249_20170402193833126.jpg



あきらめかけていたヤマユリの裏山、今朝のいつもの散歩で突然、やる気がでてきた。

毎年、適当に種を蒔いている場所を何気なく見てみた。

ここの右側の斜面、かつてはここにも自生していたのだが・・・。

IMG_0989.jpg

一枚だが葉っぱがでている。 それもかなりの数。

ヤマユリは、種を蒔いて2年後でないと発芽しない。

すっかり忘れていたので、感無量。

IMG_0993_20170402193827a91.jpg


別の場所でも発芽している。

IMG_0996.jpg

ついでに、一昨年の秋にプランターに蒔いたのは・・・

IMG_1074.jpg

こちらもひ弱だが発芽している。

IMG_1078.jpg


そして、こちらは、鱗片差し。

昨年イノシシにやられ、手っ取り早く増やす方法はと調べ、やってみた。  

数少ないユリの球根を掘り起こし、一枚一枚はがし挿したもの。

今のところ、大成功!

IMG_0960_201704021937517a9.jpg


鱗片から、芽がでいる様子。

IMG_0961.jpg


こちらは、ササユリ。

食べ残された2本の内の1本を泣く泣く鱗片差しに。

もともと鱗片の数が少ないので、こんなものか。

IMG_0962.jpg


鱗片から発芽した様子。

ササユリは、種からだと7年くらいかかる。 

鱗片挿しだと、果たして何年で咲くか。

IMG_0963.jpg


問題は、ここから。

これを山に植え、咲く頃になるとイノシシが来て一気に食べてしまう。

ワイヤメッシュを地面に敷き、その下に植えれば、球根までは食べられないのか・・・

石垣の中に埋め込んで植える・・・

などなど考えている。 

時間はたっぷりある。  じっくり考えよう。








自宅のお花 | 2017/04/02(日) 20:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)
春はどこに・・・

寒く、肌寒い日々が続く。

さくらは堅い蕾のまま。 竹の子の姿も見えない。

とりあえず、カメラを持って裏山をぐるっと一周。


シラユキゲシとタンポポのコラボです。

IMG_0969.jpg


シラユキゲシは、日当たりが大嫌い。

自分で日陰の方へ移動していきます。

IMG_0970_20170402133920e86.jpg


常盤マンサクです。

葉っぱに隠れて花が目立たない。

IMG_0976.jpg


こちらはニワウメ、小さな木に小さなピンクの花をつけます。

IMG_0974_20170402133926f3b.jpg


菜の花との色合いがいい感じです。

IMG_0972.jpg


人気のオトコヨウゾメ、もうすぐ開花です。

IMG_0979_20170402134345912.jpg


植えて5年もたつのに、一向に実をつけないプラム。

花がきれいなソルダム。

IMG_0981_20170402134350b30.jpg


こちらは受粉期のメスレー。

IMG_0986.jpg


今年こそは、実をつけろ! と願っている。

IMG_0982_201704021343589bf.jpg


シロバナハンショウズルの新芽。

素朴でいい花です。

IMG_0990.jpg


わらびがにょきにょきでてきました。

IMG_1000_20170402134855407.jpg


トサミズキが見ごろです。

IMG_1010_20170402134900f13.jpg


だんだんと房が長くなってきています。

IMG_1014_20170402134901ee0.jpg


ユキヤナギも今が見ごろ。

IMG_1015_20170402134859a9d.jpg


バックの菜の花にとても良く似合う。

IMG_1016_20170402134903872.jpg


ネコヤナギとユキヤナギ

IMG_1019.jpg

菜の花。

正確には、実生でおえたカラシナダイコン。

IMG_1040_20170402135248a9b.jpg


桃がやっと3分咲きかな・・・

これじゃ、桜はまだまだ。

IMG_1054_20170402135251bad.jpg


カラスノエンドウもこうやって見るとかわいいものだ。

IMG_1060_20170402135252c21.jpg


都忘れが咲き始めた。

IMG_1031.jpg


ホトケノザ もこうしてみるとなかなかユニークで面白い。

IMG_1067.jpg


ピークを過ぎたボケ。  きれいなのを探すのに一苦労。

IMG_1076_20170402135623b27.jpg


以上、裏山散策でした。






自宅のお花 | 2017/04/01(土) 13:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ