プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
シロバナハンショウズル

この植物、幕末にアメリカのペリー艦隊が来た時

下田でいろいろな植物を採集、アメリカへ持ち帰った。

その中の一つで、その後、標本を調べたハーバード大学の教授が、新種として発表したものです。

ペリー艦隊が上陸した地点を探し回り、

4年前にやっと見つけ、挿し木にし、何とか現在2本が元気に育っている。

IMG_1825_20170430193050d26.jpg


うっすらした黄色、レモンイエローが何とも上品だ。

IMG_1826_20170430193053442.jpg


これから、順に咲き誇るだろう。

IMG_1829.jpg



IMG_1832_20170430193055af5.jpg


昨年は4つしか咲かなかったのだが、今年は、いっぱい蕾をつけている。

IMG_1855.jpg


梅ノ木に絡ませてみた。

ちょうど頭の真上で咲くよう、写真が撮りやすいようこの木を選んだ。

IMG_1860_20170430193131eec.jpg


163年の時を経ても、命は繫がっている。





未分類 | 2017/04/29(土) 22:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)
アサギマダラ

待ちに待ったアサギマダラがやってきた。

朝方、フジバカマを見るとあの懐かしい蝶が止まっているではないか。

IMG_9889.jpg

今年で5年目になります。

口コミで広がったのか、

辺りを見渡すと、合計4匹のアサギマダラがひらひらと舞っている。

IMG_9876.jpg


飛んでいる様子。 わからないか?

IMG_9892.jpg


フジバカマは植えっぱなしにすると4年位で急に弱ってしまい絶えてしまう。

そんなんで、昨年から挿し木で増やすことにした。

意外と簡単につく。

これは、今年の5月に挿したフジバカマ。

既に花を咲かせてくれました。

IMG_9888_20161023193101abb.jpg


優雅な姿、見ていて飽きない。

もっともっと増やし、アサギマダラの集まる裏山にしたいのだが・・・。

IMG_9896.jpg


例年、アサギマダラがここに寄るのは一週間程度。

ここでゆっくり英気を養い、長旅に備えてほしいものだ。

来年は、もっと大勢でここに来ておくれ!






未分類 | 2016/10/23(日) 19:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)
珍客

ここ一週間、変な生き物が訪れるようになった。

天井にぶら下がる妙な物体。

IMG_9538_20161012052228b9d.jpg


仕事から帰ってきて探してもいないが、

朝になるとちゃっかり帰ってきて、何もなかったかのようにぶら下がっている。

IMG_9541_20161012052229b0d.jpg


蝙蝠のようだ。

ワクワクすると同時に

限界集落もここまできたかとため息がでる。

いろいろ調べると

日本に棲息する中で唯一家屋のみをすみかとするコウモリらしく

「アブラコウモリ」と言うようである。

縁起物でもあるようなので、静かに見守っていきたい。







未分類 | 2016/10/12(水) 05:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やられた!

2週間前のこと

こいつに刺された!

IMG_9460.jpg

日本に生息するハチ類の中で最も強力な毒を持ち、

かつ攻撃性も高い非常に危険な蜂、「オオスズメバチ」だ。


かなり前から巣を作っていることはわかっていたので、

いつかは退治しなければと思っていた矢先。

ちょうど2週間前。

裏山の野焼きをやりながら、ついでに「蜂の巣ごと焼いちゃえ」とふと思い、

そっと近づき、枯草を周辺に置いている最中に、襲撃にあってしまった。

太ももと胸、2ヶ所刺された。 取りあえず、手で振り払いながら一目散で逃げ帰った。

患部には、マムシ酒をつけたが、さすが、オオスズメバチ、これまでの蜂とは痛みも腫れも違う。

強烈だ。 一瞬アナフラキーショックを疑ったが・・・

これまでも小さな蜂には何度も刺されている。 まあ、大丈夫だろう・・・


30分後、痛みをこらえて、再び裏山へ。

反撃だ!   そっと近づき枯草に火を放つ。

外にいた、蜂が巣のそばで 「ぶんぶん」 飛び交う。

火事になるのではと思うくらい燃えたのだが・・・・・

煙は中には、入らず。 翌朝見れば、まだいるではないか。



昨日の蜂!

鋭い眼差しでこちらを見ている。

IMG_9484.jpg


餌を求め飛び立つ。

IMG_9485.jpg


お帰りです。

IMG_9477.jpg


テレビでよく話題になるキイロスズメバチが軒下につくるのとは違い、

オオスズメバチは、木の根元など土の中、樹洞などの閉鎖空間に巣を作る。

こちらの方が気づかずよっぽど怖い。

裏山のこんな場所に作ってありました。

中央に焼いた後がわかります。

IMG_9501_2016091906315977a.jpg


昨日夜9時、雨の中。

暗闇の中を傘を差し、懐中電灯と殺虫剤を片手に再び裏山へ。

しんと静まり返る中、ライトを当て巣穴を確認。

一気に強力殺虫剤スプレーを噴射。

巣穴の奥で、ごそごそ動く気配を感じる。

深入りすると、ろくなことは無いので、撤退。

さあ、 どうなっているのでしょう・・・・?










未分類 | 2016/09/19(月) 06:59 | Trackback:(0) | Comments:(1)
○○くま

今朝起きて、窓を開けると目があっちゃいました。

ちょっと待ってて、カメラ持ってくるから・・・・

言うこと聞くわけでもないし、後ろ姿・・・・ でご勘弁。

IMG_8178.jpg


ちなみに、以前は、こんな所に入ってました。 どこ?


朝の一コマでした。






未分類 | 2016/04/08(金) 21:43 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ