プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
福寿草

寒い日が続くが、それでも季節はやってくる。

庭の福寿草がいつの間にか咲いている。

IMG_4105_201802121151008b7.jpg


太陽の日差しをしっかりと受け止め、おもいっきり広げている。

IMG_4107_20180212115059d0e.jpg


日が当たらないと、開かないので、仕事のある日は見ることができない。

久々に日が当たるお休みの日、ふと見れば咲いているではないか。

IMG_4112.jpg


ほとんど放任状態だが、けなげにも毎年花を咲かせてくれる。

IMG_4117_201802121151036ec.jpg


黄色のロウバイ、寒紅梅、福寿草、そして白のしだれ梅と我が家では、春に向けて花のリレーが続く。





自宅のお花 | 2018/02/12(月) 11:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
天城 八丁池

1月28日(日)

快晴の天気予報を期待して、八丁池に向かった。

国道沿いの駐車場、水生地下の雪だるまに挨拶し登り始める。

天気も良さそうなので、上り御幸歩道から八丁池を経由して下り御幸歩道を下りる周回コースです。

D001.jpg


新天城トンネルの脇から急登を登り旧天城トンネルを目指す。

こんなに雪があるなんて、ちょっとあまかった。

DSC02906.jpg


旧天城トンネルに到着。

一面真っ白な銀世界。

今回も前回の雪の時も伊豆南部は雪は降らず雨だったが、ここは別世界。

わずか30分で河津さくら咲く南国から、雪とつららの冬国に突入する。

DSC02910.jpg


この大きさ、太さ、長さのつららを見るのは久しぶりだ。

迫力満点!  トンネルが凍り付いている。

DSC02911.jpg


落ちてきたらどうしよう!

このつららで、ロック・・・・  うまいだろうな・・・

DSC02921.jpg


再び急登を超え向峠を越えるとなだらかな気持ち良い斜面が続く。

が・・・  晴れの天気予報だだったが、いきなりどんよりとした空に、そしてみぞれ交じりの雪に変わってしまった。

DSC02937.jpg


幸い、雪は止んだが、標高を上げるにつれ寒くなる。

木々も凍り付いている。

DSC02975.jpg


展望台は雪の中。

P1280130.jpg


ガスで何も見えない展望台から、八丁池にくだる。

DSC02959.jpg


雪は深く、ガスは益々濃くなっていく。

P1280151.jpg


八丁池に着く。

コチコチに凍った池に雪が降り積もり、池の上かどいうかもわからない。

4人の人影が池の中に吸い込まれていく。

戻って来た様子は、無いのですが・・・・(恐怖)

P1280158.jpg


池の周辺の柵。

P1280166.jpg



カチカチに凍った八丁池。

びくともしない。 完ぺきな状態。

P1280179.jpg


2人の足跡。  

私はアイゼン。 せっかく持っていったのですからはかなきゃ損と思いずっとつけてました。

無くても大丈夫ですが、付けてた方が絶対安心。

P1280182.jpg


最短の下り御幸歩道を下る。

こちらの方が雪が多い。

ふっくらとしたした雪が谷間を埋める。

P1280185.jpg


神秘的な世界が広がる。

P1280189.jpg


林道に到着。 突然、光が差し込む。

普段は、この先に車を停めるが、ここまでの林道も雪がいっぱい。

P1280198.jpg


無事、帰ってきました。

国道沿いの水生地下駐車場です。


P200.jpg


今年初の山登り。 しかも昨年9月末の五竜・唐松以来。

残念ながらガスで景色は楽しめませんでしたが、雪に包まれた静寂・神秘の八丁池を味わってきました。

久々のリフレッシュ、気分爽快!







山登り | 2018/02/03(土) 12:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
どんど焼き

高齢化が進み、わが地域ではどんど焼きもできなくなってしまった。

そんなわけで、高さ2m程度の小さなものを作り、

家族だけのささやかなどんど焼きを行った。



IMG_4080_20180116221519c29.jpg


おきりで焼いた団子を食べれば、

この1年間病気をしないで健康でいられるとの言い伝えもある。

フラッシュをたいたので、真っ赤な炭が真っ白けになってしまいました。


IMG_4093.jpg

ますます寂しくなる集落です。






未分類 | 2018/01/16(火) 22:23 | Trackback:(0) | Comments:(0)
森のアイスクリーム

今朝は寒かった。

日が差して来たので、いつものように裏山散策。

そして、真っ白でおいしそうなアイスクリームを発見!

IMG_4070_20180113211225728.jpg

何なんだ?  これは・・・・

手首ほどの太さの綿菓子って感じだ。

IMG_4065.jpg


太陽の光を浴び、縞模様が美しく神秘的だ。

IMG_4072_2018011321122983b.jpg


反対側は、形が少し崩れている。

IMG_4068_20180113211232c5f.jpg

お分かりだろうか

シモバシラというシソ科直物。

夏の終わりころから白い花を咲かせます。


このアイスクリームは、氷の花でシモバシラの根から吸い上げられた水分が枯れた茎からしみだし、

冷たい外気に触れて凍っていくことで作られていきます。


氷ですので、寒いこの時期だけ。

日が当たれば次第に溶けていきます。

なので、寒い日の早い時間だけのお楽しみ。













自宅のお花 | 2018/01/13(土) 21:36 | Trackback:(0) | Comments:(0)
チロリアンランプ

冬の寒いこの時期に、屋外で元気に花をさかせているのは、

IMG_4058_20180108082730f2d.jpg


アブチロン、 別名 チロリアンランプ、

日本名は 釣りの浮き輪に似ていることから浮釣木(うきつりぼく)と言うようだ。

IMG_4061.jpg


下垂する釣鐘状の花が特徴的で可愛い花をいくつもぶら下げている。

IMG_4052.jpg


熱帯花木なのに、寒さにも強く、屋外で霜にあたってもへっちゃら。

半つる性で一年で2m位は伸びていく強健種。

IMG_4057.jpg


植木鉢から地植えにしたところ、急激に成長が早まった。

あっという間に2mくらいになり、絡み合って咲いている。

冬景色のこの時期に咲き続ける貴重な花だ。






自宅のお花 | 2018/01/08(月) 18:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ