FC2ブログ
プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
針ノ木岳から新越乗越山荘まで

続きを読む
北アルプス | 2018/07/28(土) 19:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
針ノ木岳雪渓

海の日の3連休。

暑いときには、雪渓歩きか・・・  と言うことで日本三大雪渓の一つ、針ノ木岳へ。


IMG_0636_201807232212254b5.jpg


朝の5時半でこの列



IMG_0635_20180723221226f82.jpg


有料駐車場もすでに満杯

IMG_0634_2018072322122799d.jpg


登山届を出して、出発。

やっと、雪が見えてきました。

IMG_0651.jpg


針ノ木岳が目の前にそびえ立つ。

IMG_0641_20180723221356a4c.jpg


IMG_0642_20180723221356f28.jpg


IMG_0656.jpg


IMG_0652_2018072322135916f.jpg


アイゼンをつけ、雪渓に入る!

IMG_0673.jpg


振り向けば、よくもこんな急なところを登ってきたものだ。

IMG_0683.jpg


先は、まだまだだ。



IMG_0691.jpg


IMG_0693.jpg


IMG_0695.jpg


IMG_0698.jpg



IMG_0704.jpg


IMG_0705.jpg


この先の岩場で休憩する。

IMG_0707.jpg


IMG_0708.jpg


次々と一息入れる人たち。

IMG_0715.jpg


IMG_0717.jpg


IMG_0720.jpg


若い人は元気だ。

IMG_0722.jpg


雪渓はだんだん狭くなり、さらに急になる。



IMG_0743_20180723222033a03.jpg


稜線が見えてきた。 ここからが正念場だ。

IMG_0753_20180723222157692.jpg


IMG_0745_20180723222159019.jpg


IMG_0756_20180723222200077.jpg


最後の急登。 みんな、黙々と登ってくる。

IMG_0764.jpg


これから歩く赤沢岳に続く稜線がきれいだ。

IMG_0768.jpg


稜線はすぐそこだ。

IMG_0761.jpg


ふう・・・・  針の木小屋到着・・・

まだ10時半なので、空いている。

IMG_0772_201807232223040e1.jpg



ちょっと早いが、宿泊の手続きをして、コマクサを見に蓮華岳に行こう・・

と思っていたら、さあ大変・・・
















北アルプス | 2018/07/23(月) 22:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
アガパンサス

雨上がりのアガパンサスは、キラキラ輝き、いつもよりずっと魅力的だった。

IMG_5312_20180624205126038.jpg


地植えで植えっぱなしで、こんな大株になった。

IMG_5310_201806242051243a3.jpg


じめじめと滅入るような時期に、さわやかな涼感のある花は心を癒してくれる。

IMG_5306_20180624205123f1a.jpg


まだまだ蕾がいっぱいあるので、これからが楽しみだ。

IMG_5311_20180624205126cb4.jpg


雨に打たれ強いのも魅力の一つだ。

隣のギボウシの花は、ぐんにゃりだがこのアガパンサスは凛々しく立っている。

IMG_5316_20180624205128060.jpg


梅雨に入り、緑は益々濃く、雑草は見る間に伸びていく。

そして、土が柔らかくなるこの時期、ワイヤメッシュの下を掘りイノシシが侵入してくる。

我が家の裏山には、ご馳走がいっぱいあるので毎晩来ても食べきれないようだ。

大事にしているヤマユリも90%が食べられた。

これまでは無かったが、小さな枇杷の木、昨日はスモモの下の方の枝が折られていた。

今は、ヤマモモが食べごろになったので、その周辺が毎晩荒らされる。

困ったものだ・・・









自宅のお花 | 2018/06/24(日) 21:07 | Trackback:(0) | Comments:(0)
レインリリー

雨を待つかのように一斉に咲きだしたレインリリー。

素晴らしい響きの名前だ。

IMG_5232.jpg


英語では、ピンク・レインフラワー と言いうようだ。 ピンクの雨の日に咲くお花

うってつけの名前だ。

IMG_5233.jpg



サフランに似ているのでサフランもどきとも呼ぶようだ。

ゼフィランサスと言ったり、タマスダレだったり。

いろいろ呼び名はあるようだが、やっぱり 「レインリリー」が一番だ。

IMG_5231.jpg


梅雨時のじめじめした時に、鮮やかなピンクは心を癒してくれる。

IMG_5230_20180624203010e76.jpg


紫陽花の近くで咲くこのレインリリーには、はっとさせられる。





自宅のお花 | 2018/06/23(土) 20:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)
タシロラン

4年ぶりに再開した我が家のタシロラン。

前回の発見した場所から50m位離れたところだが。

普通では、絶対気づかない。

たまたま、猪の侵入場所をチェックするために見ていて、発見!

超ラッキーなのだ。  下の青々とした葉っぱはタシロランとは全く関係ありません。

タシロラン


ランと言えば、熱帯の色合いで華やかさを想像するが,

このランは華やかさとは無縁で、むしろ、失礼だがランの品位を下げるような花。

腐生植物のギンリョウソウと似ている。

IMG_5294_20180624110645ace.jpg


このタシロランも、葉緑素を持たない腐生殖物の一つで、

見た目は悪いが、非常に貴重なランである。

IMG_5296_20180624110646e4f.jpg


このランが生えることは,豊かな自然に恵まれていることの証でもあるわけだ。

確かにそうであるが、豊か過ぎる我が家の裏山も日々獣との闘いで大変である。

IMG_5297_20180624110647117.jpg


自然、自然と人は大事そうに言うが、

皆が言う自然とは、手入れの行き届いた作られた自然。

そんな自然を維持するにも、知恵と労力、さらに根気が必要だ。






自宅のお花 | 2018/06/22(金) 21:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ