FC2ブログ
プロフィール

Hamden

Author:Hamden
高山植物をはじめ里山に咲く花が好き

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
日光キスゲ満開の尾瀬

7月27日
台風が通過しようとしているまさにその日、尾瀬の大清水で目を覚ました。

朝4時、外は雨。
グダグダしている間に雨は上がり、やっとやる気がでてきた。

簡単な朝食をとり、ズルして大清水7:00発の一ノ瀬休憩所行のバスに乗り込む。

三平峠まで緑あふれる気持ち良い登りが続く。

IMG_3749.jpg


峠を超えれば、尾瀬沼まで木道の下りだ。

IMG_3752.jpg


突然視界が広がる、 尾瀬沼だ!

IMG_3760.jpg


台風はどこへ行ったのやら、 素晴らしい天気になった。

IMG_3767.jpg


当初登る予定だった燧ヶ岳、この時は山頂にガスがかかっていたが、その後はすっきり。

悔やまれるが、朝の天気予報では安全第一。

IMG_3766_201908140914368f5.jpg


大江湿原着、

この後タイミングよくビジターセンターの自然観察会(9:00-9:30)に参加させてもらった。

この大江湿原も鹿の食害で日光キスゲが食べられ、無残な状況になり果てたが、

7、8年前から大々的に鹿侵入防止の柵を設置、今年の日光キスゲは最高の咲き具合といのこと。

それでも、30年前の最盛期の半分程度とのことだ。

IMG_3773_20190814091800b2d.jpg


ここまでガイドの方に案内していただき、ここから自由行動。

満開の日光キスゲ、満喫です。

IMG_3779.jpg


IMG_3781_201908140918057ae.jpg


IMG_3783_20190814093032460.jpg

IMG_3786.jpg


IMG_3794_2019081409303582e.jpg


IMG_3796_20190814093037e94.jpg


IMG_3797_20190814093038c4e.jpg


IMG_3798.jpg

IMG_3799.jpg


IMG_3805.jpg


IMG_3809_2019081409354104e.jpg


IMG_3814.jpg


IMG_3816.jpg


IMG_3823.jpg


IMG_3827.jpg


IMG_3828.jpg

IMG_3829_20190814093731ec1.jpg


IMG_3830.jpg


IMG_3834_20190814093734b6c.jpg


IMG_3835.jpg


IMG_3840_20190814093737c5d.jpg



大江湿原を離れて北岸を歩き尾瀬沼の東側、沼尻に向かいます。

途中、素晴らしい景色に出会います。

ここで昼食、人も来ないので木道でお昼寝までしてしまいました。

IMG_3855_20190814093740cad.jpg


IMG_3856_20190814093742ec2.jpg


IMG_3858_20190814094330ff6.jpg


IMG_3859_20190814094331bc1.jpg


沼尻休憩所が見えてきました。

広々とした眺めと爽やかな風、疲れも吹き飛びます。

IMG_3865_20190814094333e10.jpg


IMG_3869.jpg


コーヒーブレイク?

時間はあるんですが、この爽やかな空気がたまらず、つい歩き続けます。

IMG_3870_20190814094336fe2.jpg


湖面に目を移すと、何やら純白のハス?

IMG_3874_2019081409433787e.jpg


ヒツジグサ(未草)と言うようだ。

地下茎から茎を伸ばし、水面に葉と花を1つ浮かべる。 未の刻(午後2時)頃に花を咲かせることが花の名前の由来のようだ。

ラッキーなことにお昼に咲いていた。
...
IMG_3875_201908140943384a9.jpg


IMG_3876_20190814094340349.jpg


IMG_3878.jpg


IMG_3879.jpg


IMG_3880_2019081409591103c.jpg


IMG_3881.jpg


IMG_3895.jpg


IMG_3898_20190814095917350.jpg


IMG_3899_201908140959182bc.jpg


IMG_3900_201908141016282e1.jpg


午後2時、今日のお宿、見晴の第2長蔵小屋につきました。

着いた途端、空が真っ暗になり、大粒の雨が降ってきました。

超ラッキーでした。

我々は、急いで降りてくる登山者をビール片手にのんびり見てました。(すみません。)

IMG_3904_201908141016315e3.jpg


一時間位で雨が上がったので散策に。

ポッカのお兄さんです。凄いですね。

IMG_3909_201908141016332ce.jpg


IMG_3924.jpg


IMG_3925.jpg


IMG_3926.jpg


IMG_3927.jpg


IMG_3930_20190814101821098.jpg


月の輪ぐまの注意看板!
気をつけなきゃ・・・

IMG_3931.jpg


IMG_3932.jpg


IMG_3934.jpg


IMG_3935_20190814101827d3a.jpg


IMG_3938.jpg


夕食前の風景

ここは尾瀬ヶ原に面した一番人気の弥四郎小屋

夜には、ここからすぐ先でホタルも見えました。

IMG_3941_20190814101830fa9.jpg



いきなり翌日、7月28日(日)です。

残念ながら、天気予報どおり、小雨。

やむ気配も無いし、天気予報では午前中雨とのことなので


7時20分出発  尾瀬ヶ原を横断し山の鼻経由で鳩待峠です。


IMG_3950_20190814102021e53.jpg


雨の尾瀬もしっとりしていいかも・・・


IMG_3951_201908141020221c6.jpg


IMG_3953.jpg


IMG_3954.jpg


IMG_3958_20190814102027c67.jpg


IMG_3960_20190814102030b75.jpg


IMG_3963_20190814102144939.jpg


幻想的な風景

IMG_3965.jpg


IMG_3968_201908141021503a4.jpg


IMG_3971.jpg


IMG_3973_2019081410215393f.jpg


IMG_3974.jpg


IMG_3975.jpg


IMG_3982.jpg


IMG_3986.jpg


コオニユリです。

IMG_3987.jpg


IMG_3988_201908141024397a4.jpg


IMG_3989.jpg


山の鼻到着です。

IMG_3991.jpg


IMG_3994.jpg


トイレやビジターセンターの前は凄い人でした。

IMG_3995.jpg


この後、鳩待峠までゆったりと坂道を上る。

鳩待峠からシャトルバスで戸倉へ、そしてバスを乗り換え大清水へと。


台風予報のため、人も少ない中

天気に恵まれ、さらに日光キスゲは満開で最高の山旅でした。








遠くのお花 | 2019/08/12(月) 22:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)
山百合&鬼百合

我が家の裏側の窓を開けると、いきなり目に飛び込んでくる山百合

すぐ目の前だ。

IMG_6417.jpg


巨大な百合の花

IMG_6423.jpg


裏山には自生の山百合があったが、猪にやられ激減した。

それでも、毎年小さな芽がでて、数年後には花を咲かす。 

そして、また食べられる。 その繰り返しだ。

ここは、我が家のすぐ裏側、ほぼ垂直で高さもあるので猪は近づけない。

そんなわけでここだけは大株に育ち、多くの花を咲かせせてくれる。

この時期、我が家は百合の甘い香りに包まれている。

IMG_6421_20190721055705bed.jpg


こちらは、鬼百合

我が家の南側に植えてある。 通行人は、下から見上げるようになる。

その方が、内側が良く見えて絶対に良い。

IMG_6449.jpg


クロアゲハがひっきりなしやってきて、蜜を吸っている。

IMG_6444.jpg


花の数が増えると、迫力あって圧巻だ!

IMG_6439.jpg


この百合が、咲き終えると夏本番。

猪の活動も一服、 百合の球根は守られる。








自宅のお花 | 2019/07/20(土) 21:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
アガパンサス vs ギボウシ

梅雨空に映えるアガパンサスとギボウシだが咲く具合がかなり違う。

アガパンサスは、雨にも負けず空に向かって力強く咲いている。

IMG_6339.jpg


青紫色の清涼感ある花色が印象的。

IMG_6342.jpg


すっと長く伸びた茎の先にたくさんの小さな花がつけ、雨に負けない凛々しさがある。

IMG_6345.jpg


一方雨に打たれ、だらしない姿になってしまったギボウシ。

雨前は良かったのだが、今は情けない感じだ。

IMG_6350_20190703155645810.jpg


雨にたたれ花の重みで下を向いている。

IMG_6355.jpg


この花には、蜂がひっきりなしやってくる。 蜜がたくさんあるのだろう。

すぐ隣のアガパンサスには蜂は行かない。

IMG_6362_201907031601145fe.jpg


一つ一つをじっくり見ると、この花も清楚で奥ゆかしい。

IMG_6365_201907031601161f9.jpg


隣同士のアガパンサスとギボウシ

対照的な姿になっている。

IMG_6369.jpg


花が咲く前は、蕾が空に向かい凛々しくかっこよいのだが ・・・

IMG_6414.jpg


ギボウシは種類が多く、咲く時期も多少の違いがあり好きな花だ。

とりわけ、春の芽だしが美しい。


雨に濡れた満開のアガパンサスは見事で感動的だ。

だから両方あって当然だ。








自宅のお花 | 2019/07/03(水) 16:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)
我が家のデザート

水分補給のため、食べるフルーツはこれ ・・・

いくらでも食べられる。

IMG_6316_20190627153411daf.jpg


これは、スモモのサンタローザという品種。 梅くらいの大きさだ。

豊産性で日本のスモモの代表品種です。 肉質が良く、甘みと酸味とのバランスが抜群のプラムで

花粉が多いので、隣のソルダム(完熟はこの後)と大石早生(一つもなっていない)の受粉樹として植えてあります。

こんな感じでなっている。

IMG_6313_20190627153412e13.jpg


ものすごい数であっという間に熟しだした。

今晩台風が通過すれば、明日は無残な姿になっていることだろう。

木にぶら下がっているのは、無くなるかも。

と言うことで、先ほど木に登って採ってきた。

まだまだいくらでもあるが・・・

IMG_6315.jpg


これが終わると、次はヤマモモ、もうすぐだ。

IMG_6308.jpg


今年は、梅も100kg以上は収穫した。

食べ物には、不自由しない裏山だ。






里山の収穫物 | 2019/06/27(木) 15:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)
山アジサイ

裏山の紫陽花が見ごろを迎えている。

まずは、紅額

IMG_6240.jpg


咲き始めは純白ですが、徐々に「ベニガク」という名のとおり、装飾花が赤色に染まってきます。

でもなかなか、変化しませんが。

装飾花のガク片には、ギザギザがあるのですぐ紅額とわかります。

IMG_6248.jpg


山紫陽花のわりには、かなり大きくなります。

まだまだ白い花の方が圧倒的に多い状態です。

IMG_6246_20190623115406a86.jpg


続きまして、私の一番のお気に入り

清澄沢

千葉県にある清澄山産のヤマアジサイとのことです。

装飾花は白花でピンクの覆輪のある一重ガク咲き、

ピンクの覆輪がなんとも言えないのだが、今年はうっすらで写真ではわからない状態なのが残念。

でもこれから徐々に濃くなっていきます。

IMG_6250_20190623115409c2d.jpg


元気に育ち、山紫陽花とは思えないほど大株に育っています。

IMG_6253.jpg


名前不明の多分西洋アジサイ。

すでに終わっているが、黒姫の方が断然いい。

IMG_6260_20190623120532fc3.jpg


続いて、人気の墨田の花火

IMG_6279.jpg


花は、打ち上げ花火を連想させたように広がり、八重の花をつけることからこの名前がついたとのこと。

IMG_6280.jpg


続いて、柏葉紫陽花

IMG_6281_201906231205377ec.jpg


ボリュウム満点なんですが、昨年の夏の暑さで、日当たり最高の場所の一株がやられてしましました。

やはり、木陰がいいことが改め思い知らされました。

IMG_6283.jpg


今人気の紅

IMG_6287.jpg


やっと鮮やかな紅色に変わってきました。

IMG_6288.jpg


すぐ隣の濃い青のガクアジサイ、この辺りではこれが自生している。


IMG_6293.jpg


紅とガクアジサイのコラボ。

IMG_6294.jpg


最後はアナベル。

これから真っ白なボールが出来上がります。

IMG_6299_20190623123720685.jpg


西洋アジサイもあるが、花後の剪定が大変、

その点、比較的こじんまりした山紫陽花は管理がしやすく背丈も低いので見るのも楽ちん。


紫陽花の時期になると、欲しくなる次の山紫陽花は、 「藍姫」 です。

では ・・・・





自宅のお花 | 2019/06/23(日) 12:41 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ